Rakuten infoseek

辞書

総和【そうわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

総和
そうわ
茨城県西端,古河市中部の旧町域。 1955年勝鹿村,岡郷村,桜井村,香取村の4村が合体して総和村となり,1968年町制。 2005年古河市,三和町と合体して古河市となった。南を利根川が流れ,米,野菜の栽培が行なわれる。首都圏の衛星都市として開発地域に指定され,機械工業の工場団地が造成され発展した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐わ【総和】
全体を加えた数量。全体の合計。総計。「得点の総和を出す」「各県の人口の総和

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そうわ【総和】
全部を加えた数。総計。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

総和
そうわ
茨城県南西部、猿島郡(さしまぐん)にあった旧町名(総和町(まち))。現在は古河市(こがし)の中央部を占める地域。1955年(昭和30)香取(かとり)、桜井、勝鹿(かつしか)、岡郷(おかごう)の4村が合併して総和村が成立し、1968年町制施行。2005年(平成17)古河市に合併。旧町域は高度約15メートルの台地をなし平地林が多く、南端は利根(とね)川に臨む。国道4号、新4号バイパス、125号、354号が通じる。製鉄遺跡と古代の馬の放牧地が多く、近世は古河藩に属した。農業が主であった所で、茨城県ではもっとも早く近郊野菜産地となり、いまもハクサイ、ナス、キャベツ、カボチャは特産物。1961年に配電盤団地ができてから工業化が進み、さらに大工業団地2か所が造成された。食品、ガラス、機械工業が盛んである。住宅地も増加し東京通勤者が多い。鮭延(けいえん)寺には幽囚中この地で没した熊沢蕃山(くまざわばんざん)の墓(県指定史跡)がある。[櫻井明俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐わ【総和】
〘名〙 すべてを合わせたもの。二個以上の数や物事を加え合わせたもの。計。合計。しめだか。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉一一「生産関係の総和は社会の経済的構造を成すものなるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総和の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎新藤兼人コーマン[各個指定]芸能部門野村芳太郎久松静児マキノ雅広森一生川島雄三

他サービスで検索

「総和」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.