Rakuten infoseek

辞書

総合・綜合【そうごう】

大辞林 第三版

そうごう【総合・綜合】
( 名 ) スル
ばらばらのものを一つにまとめあげること。 ⇔ 分析 「みんなの話を-して判断する」
〘哲〙 〔ドイツ Synthese〕
弁証法において、互いに矛盾する、定立の「正」と反定立の「反」の、契機を統一すること。合ごう。ジンテーゼ。 → 定立
ある対象に別のものを結び合わせて、一つの全体的統一を構成すること。
分析 〔「哲学字彙」(1881年)にドイツ語 Synthese の訳語として「総合法」と載る〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合・綜合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総合・綜合の関連情報

他サービスで検索

「総合・綜合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.