Rakuten infoseek

辞書

総会屋【そうかいや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

総会屋
そうかいや
株主総会において,株主権利を濫用し,企業から不当な利益を得ようとする者。その手段の一つは株主総会で不穏当な発言をするなどの議事妨害である。これを避けるために企業が金を支払うようにしむける。またあらかじめ企業からなんらかの名目で利益を得て,逆に総会を滞りなく進行させるため企業側に協力することもある。1981年の改正商法により利益供与の禁止の規定が導入され,株式会社は,なんぴとに対しても株主の権利の行使に関し,会社またはその子会社の計算において財産上の利益を供与することが禁止された(会社法120条1項)。利益供与を行なった取締役などに対しては罰則が適用され(970条),関与した取締役などは,会社に対して供与した利益の価額に相当する額を連帯して支払う義務を負う(120条4項)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうかい‐や〔ソウクワイ‐〕【総会屋】
少数の株式を所有して株主総会に出席し、金品目当て嫌がらせを行ったり、議事進行の誘導をしたりする者。会社法による規制の対象になっている。特殊株主

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうかいや【総会屋】
株主の権利を濫用して会社から不当な利益を得る者。株主総会に出席して議事進行の妨害あるいは協力するために会社に金銭の要求をしたりすることからこの名がついた。競争のはげしい資本主義社会では,企業は最大の利潤獲得を至上命題としている。したがって,企業が経営をうまくやっていくためには,あらゆる術策を必要とし,ときには表には出したくないような陰の部分さえももつようになる。またその競争のはげしさは,内部的にも,主要な地位をめぐっての権謀術数的な抗争等を生じがちである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうかいや【総会屋】
複数の会社の株を少しずつもち、それぞれの株主総会に出席し、金品を得る目的で会社や経営者を誹謗したり総会の議事を妨害したりする者。会社法により禁止されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

総会屋
そうかいや
株主総会における株主の権利を濫用して、不当な財産上の利益を得ようとする者。総会屋には2種類あり、わずかの株式をもって株主総会に出席し、不当に会社にとって不利益な発言をして総会の正常な運営に支障をきたす者(野党的総会屋・総会荒らし)と、会社が進んで報酬を支払い、他の株主を威迫してその発言を抑制するなどして、株主総会の円滑な進行に加担する者(与党的総会屋)である。いずれにしても、会社経営の健全性が害され、かつ、会社財産の濫費である。そこで、会社法はその防止策として、株主権の行使に関する財産上の利益供与(当該株式会社またはその子会社の計算においてするものに限る)の禁止規定を置いている(会社法120条)。利益供与を受けた者は会社に返還しなければならない(同法120条3項)。利益供与に関与した取締役・執行役には連帯して支払いを行う義務がある(同法120条4項本文)。ただし、利益供与をした取締役・執行役は無過失責任であるが、それ以外の取締役・執行役は、自らの無過失を立証したときには責任を免れる(同法120条4項但書)。これを受けた罰則(同法970条)も存在する。[戸田修三・福原紀彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうかい‐や ソウクヮイ‥【総会屋】
〘名〙 いくつかの会社の株を少しずつ持って、それぞれの株主総会に出席し、その席でいやがらせをしたり、または議事進行に協力して、会社から金をとったりすることを常習としている者。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総会屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総会屋の関連情報

他サービスで検索

「総会屋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.