Rakuten infoseek

辞書

総トン数【ソウトンスウ】

デジタル大辞泉

そうトン‐すう【総トン数】
船舶の総容積をトン単位で表すもの。商船によく使われ、統計・登録免許税などの算定の基礎となる。記号GT グロストン。→トン2
合計したトン数。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうとんすう【総トン数】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうトンすう【総トン数】
船舶の大きさをその積量によって表した値の一。船内の総容積から、二重底と、上甲板上にある航海・機関・炊事・衛生などのための諸室を除いた容積。353分の1000立方メートル(または100立方フィート)を1トンとする。タンカーには用いない。グロストン。 → 排水トン数
トン数全部の合計。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐トンすう【総トン数】
〘名〙 (トンはton) トン単位で、船の大きさを表わしたもの。
※太政官布告第一〇号‐明治一七年(1884)四月二四日・五条「量噸甲板下の噸数に、量噸甲板上諸室の噸数を合せて、之を該船の総噸数とし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

総トン数
そうとんすう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総トン数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総トン数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.