Rakuten infoseek

辞書

緊急放流【きんきゅうほうりゅう】

知恵蔵mini

緊急放流
豪雨でダムが満水に近づいた場合に、流入量と同量の水を放流すること。正式名称は「異常洪水時防災操作」。ダムの破損や決壊を防ぐために行われるが、河川水位が急激に上昇し、下流で大規模な水害が起こる恐れもある。2018年の西日本豪雨では愛媛県の(ひじ)川にある2カ所のダムで緊急放流が行われ、下流で起こった大氾濫により犠牲者が出る事態となった。その後も各地で豪雨が多発し、緊急放流を余儀なくされるケースもあることから、ダムと河川の防災体制の見直しが求められている。
(2019-10-29)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

緊急放流
豪雨時にダムの破損や決壊を防ぐために行う放流。ダムの水位が洪水調節容量の上限に近づいた場合に行う。放流量は流入量と同じと決められているが、下流の水位が急上昇し、大規模な水害が起こる恐れもある。2018年7月の西日本豪雨では、愛媛県の肱川にある鹿野川ダムと野村ダムの緊急放流後、下流域の浸水で9人が死亡した。
(2019-11-09 朝日新聞 朝刊 茨城全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

きんきゅう‐ほうりゅう〔キンキフハウリウ〕【緊急放流】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緊急放流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

緊急放流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.