Rakuten infoseek

辞書

綿【わた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

綿
わた
綿毛状のままで詰め物や衛生材料などに用いられるものの総称。天然繊維のものには,木綿綿,絹綿真綿カポック (パンヤ) 綿,羊毛綿などがあり,化学繊維系では,スフ綿,ナイロンレーヨンポリプロピレンなどの化繊綿がある。それぞれ,ふとん綿,中入綿 (和服用) などのほか,クッション,枕,キルティングなどに用いられる。その良否は,弾力があり,復元性がよく,腰が強くて,引張っても綿のかたまりが切れにくく,光沢があるなどを目安とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めん【綿】
もめんもめんわた。また、綿糸綿織物のこと。「綿肌着

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めん【綿】[漢字項目]
[音]メン(呉) [訓]わた
学習漢字]5年
〈メン〉
もめん。わた。「綿糸綿布海綿原綿純綿石綿木綿(もめん)脱脂綿
(「」と通用)植物の名。ワタ。「綿花綿実油
連なるさま。「綿綿纏綿(てんめん)連綿
目が細かい。「綿密
〈わた〉「綿毛真綿
[補説]「緜」は本字。
[名のり]つら・まさ・ます・やす
[難読]水綿(あおみどろ)浜木綿(はまゆう)木綿(ゆう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わた【綿/×棉/草綿】
アオイ科ワタ属の植物の総称。古くから重要な繊維作物として栽培され、アジア綿(めん)・エジプト綿海島綿陸地綿などがある。日本では江戸時代から盛んになった。栽培されるのはインドワタの変種で、一年草。高さ約1メートル。葉は手のひら状に三~五つに裂ける。夏から秋に、黄や紅色の5弁花が咲く。果実は卵形で、褐色に熟すと裂開し、中の多数の種子に生じた白く長い毛が露出する。この実綿(みわた)を摘み取り、毛(綿花)と種子(綿実(めんじつ))とに分けて利用する。 花=夏 実=秋》「―の実を摘みゐてうたふこともなし/楸邨
木綿綿(もめんわた)真綿絹綿化学繊維綿などの総称。古くはの繭からとった真綿をさしたが、木綿が普及してからは主に木綿綿をさすようになった。綿織物などの紡績用や布団綿・中入れ綿脱脂綿などに利用。 冬》「―を干す寂光院を垣間(かいま)見ぬ/虚子
[下接語]厚綿石綿入れ綿薄綿打ち綿青梅(おうめ)綿置き綿菊の被(きせ)綿着せ綿絹綿木綿繰り綿小袖(こそで)綿裾(すそ)綿種綿血綿摘み綿唐(とう)綿中綿抜き綿引き綿含み綿布団綿穂綿丸綿真綿木綿(もめん)綿結(ゆい)綿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めん【綿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めん【綿】
木綿。もめんわた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

綿
わた
棉とも書く。綿の繊維は被服材料を主に綿織物、充填(じゅうてん)材(詰め物)および衛生材料に用いられる。ワタは植物分類学上ではアオイ科に属しアメリカワタ、エジプトメン、ペルーメン、ブラジルメン、アジアメン(インドメン、中国メン)などがある。
 ワタはだいたい0.6~1.2メートルに生育し花をつける。実は(さくか)で、これが成熟すると割れて真っ白な種子毛繊維(綿花(めんか))が現れる。これを摘み取り、種子と繰り綿とに分離し、さらに種子についている短い繊維をとる。この短い繊維はコットンリンターといい、レーヨン、アセテートの原料として用いられる。種子からは綿実油(めんじつゆ)をとる。繰り綿はほぐされ、古くは綿打ちを行ったが、近年はカード打ちにより莚綿(えんめん)し、ふとん、衣服の充填材などに用いられる。綿繊維はセルロース(繊維素)からなり、繊維長は短いもので25ミリメートル、長いもので40ミリメートルである。長い繊維は細く、短い繊維は太い。太く短い繊維はふとん綿、中入れ綿に用い、細い繊維は青梅綿(小袖(こそで)綿)に用いる。綿繊維の形態は両端がやや厚く偏平なリボン状をしており、緩やかなねじれがある。ねじれは紡績のとき柔軟性をもち可紡性を高め、中空は気孔率を高くし保温性を増す。さらに吸湿性、吸水性があり、大気中の状態に適応する特徴がある。細く長い繊維は糸に紡ぐのに用い、綿織物の織糸として用いる。また強度はかなり大きいが伸度は小さく、乾いた標準状態よりもぬれた状態のほうが強度が大で、洗濯に対してじょうぶである。「わた」は綿花の輸入以前はほとんど真綿(繭綿)をさしていた。綿花は平安時代初期に大陸より伝わったとされているが、まもなく中絶した。15世紀中ごろ、中国大陸、南蛮よりワタの種が入ってきて試作され、近世中期には東北、北陸を除いて全国的に普及した。とくに尾張(おわり)、三河、瀬戸内(讃岐(さぬき)、伊予、安芸(あき)など)、河内(かわち)、摂津で集荷され、その組織も整うようになった。しかし1896年(明治29)には、外国よりの綿花の輸入に押されて生産が止まり、それ以後は今日に至るまですべて輸入に頼っている。
 綿には木綿綿(もめんわた)のほかに、真綿、絹綿、羊毛綿、カポック綿(パンヤ)、合繊綿、羽毛などがある。真綿は、玉繭を煮て方形または袋状に延ばしたもので、繊維が強く、切れることがなく、光沢があり、保温性に富んでいる。敷真綿として用いられる以外に、近年背中の大きさくらいにした袋真綿が、防寒用として老人などに好まれている。絹綿は、繭のけばや屑繭(くずまゆ)を用いたもので、保温性に富み軽く、掛けぶとんに用いるとよい。羊毛綿は、梳毛(そもう)を用い防虫加工をしたもの。弾力性、保温性が大きく掛けぶとん用に向く。カポック綿は「きわた」ともいい、インド、熱帯アフリカ、南アメリカに産する低木カポックノキの種子毛繊維で、紡績の原料としては不向きである。おもに枕(まくら)、クッション、椅子(いす)などの家具用の詰め物に用いる。また弾力性に富み、比重が小さいので、救命具の詰め物に用いられている。合繊綿には、テビロン綿、ナイロン綿、アクリル綿、ポリエステル綿などがあり、軽量で容積が大きく、含気性に富み保温性が大きいが、圧縮性が大きく、また耐熱性が低いなどから敷きぶとん、こたつぶとんには向かない。もっぱら掛けぶとん用として用いられる。
 木綿綿は充填材(詰め物)、綿織物(縞(しま)木綿、絣(かすり)木綿など)、衛生・医療用の脱脂綿として用いられる。なお工業用として、別にロックファイバー(岩綿)、アスベスト(石綿)、ガラス繊維の綿などがある。[藤本やす]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

綿 (ワタ)
学名:Gossypium arboreum
植物。アオイ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めん【綿】
〘名〙 綿糸(めんし)。また、綿織物。
正法眼蔵(1231‐53)看経「あるひは綿、あるひは扇等の物子これを俵す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

綿の関連情報

他サービスで検索

「綿」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.