Rakuten infoseek

辞書

綾部藩【あやべはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

綾部藩
あやべはん
江戸時代,丹波国 (京都府) 何鹿 (いかるか) 郡におかれた藩。元和1 (1615) 年に別所吉治が但馬国内より2万石で転入したのに始る。吉治は,寛永5 (28) 年に酒色遊蕩にふけって,朝勤を怠ったという理由で除封された。代って同 10年に志摩 (三重県) 鳥羽の九鬼守隆の子隆季が2万石を分与されてこの地へ入封した。寛文1 (61) 年に隆季は弟隆重に 500石を分与し,残り1万 9500石で廃藩置県にいたった。本家の九鬼氏は摂津三田 (兵庫県) で廃藩置県にいたっている。外様,江戸城柳間詰。 (→三田藩 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

あやべはん【綾部藩】
江戸時代丹波(たんば)国何鹿(いかるが)郡綾部(現、京都府綾部市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は進徳館(のち篤信館(とくしんかん))。1633年(寛永(かんえい)10)、志摩(しま)国鳥羽藩の家督をめぐって弟と争っていた九鬼隆季(くきたかすえ)が当地に移封(いほう)され2万石で立藩した。隆季は61年(寛文(かんぶん)1)に弟の隆重(たかしげ)に500石分与して1万9500石となり、以後明治維新まで九鬼氏が10代続いた。4代隆寛(たかのぶ)の治世は50年に及び、1715年(正徳(しょうとく)5)に藩校進徳館を開き、漢学、筆道、習礼などを藩士子弟に学ばせた。9代隆都(たかひろ)は1840年(天保(てんぽう)11)に農政学者の佐藤信淵(のぶひろ)を招いて農村の復興に努めた。1871年(明治4)の廃藩置県により、綾部県を経て京都府に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

綾部藩
あやべはん
江戸時代、丹波(たんば)国(京都府)何鹿(いかるが)、天田(あまだ)2郡のうち27か村を領有した藩。外様(とざま)。この地は江戸初期に福知山(ふくちやま)藩と幕領に属した。1633年(寛永10)九鬼隆季(くきたかすえ)が新たに綾部2万石に封ぜられて、翌1634年下市場(しもいちば)に城地を定めた。1650年(慶安3)の大火で焼失、翌1651年改めて南方上野の台地に城館を築いた。以後九鬼氏は隆常(たかつね)、隆直(たかなお)、隆寛(たかのぶ)、隆貞(たかさだ)、隆祺(たかよし)、隆郷(たかさと)、隆度(たかのり)、隆都(たかひろ)、隆備(たかとも)と10代に及び、廃藩置県を迎えた。藩士は幕末に約200名余、城下町は本町以下6町で家数250軒前後であった。領内政治は郡奉行(こおりぶぎょう)の支配下に、町方に町年寄を、村方は7組に編成して大庄屋(しょうや)を置いた。藩財政の窮乏は1857年(安政4)すでに借財5万両に、さらに新規借用2811両を重ねたという。加えて再三の風水害や飢饉(ききん)に苦しむ百姓は、1752年(宝暦2)の惣領強訴(そうりょうごうそ)をはじめしばしば一揆(いっき)を起こした。9代隆都は藩政改革を試み、佐藤信淵(のぶひろ)を招いた。藩校に進徳館(のち篤信館)がある。[中嶋利雄]
『『綾部市史』全3冊(1976~1979・綾部市) ▽『新編物語藩史 第7巻』(1977・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綾部藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

綾部藩の関連情報

他サービスで検索

「綾部藩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.