Rakuten infoseek

辞書

網入(り)ガラス【アミイリガラス】

デジタル大辞泉

あみいり‐ガラス【網入(り)ガラス】
金網を中に入れて作ったガラス。比較的割れにくく、また割れても破片が飛ばない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

網入ガラス
金網が挿入されたガラス。防火性に優れ、建築基準法上、乙種防火戸のガラスとして使用することができる。また、飛散防止性にも優れ、万一、破損しても破片の飛散・脱落が少ない。磨き板ガラスと型板ガラスがある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網入(り)ガラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

網入(り)ガラスの関連情報

他サービスで検索

「網入(り)ガラス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.