Rakuten infoseek

辞書

網代笠【アジロガサ】

デジタル大辞泉

あじろ‐がさ【網代×笠】
竹を薄く削ったものを網代に編んだかぶり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あじろがさ【網代笠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あじろがさ【網代笠】
竹・経木などを網代に編んで作った笠。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

網代笠
あじろがさ
組み笠の一種。ヒノキをはじめタケ、マツ、スギ、イチイなどの経木(きょうぎ)を網代に組んでつくる笠で、平組みと綾(あや)組みの2種がある。ヒノキの網代笠は、ヒノキガサ、ヒノキダマとよばれ、古く大和(やまと)国の大峰(おおみね)の修験者(しゅげんじゃ)がもっぱら着装したので、ギョウジャガサ、キセンガサともよばれた。その形態は円錐(えんすい)形で、現在は、軽快な日よけ笠、雨よけ笠として、おもに農山村で男子が着用している。なおタケの網代笠は半球形につくられ、これも古くから僧尼に用いられていた。[宮本瑞夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あじろ‐がさ【網代笠】
〘名〙 竹を薄く削ったものを網代形に組んで作ったかぶり笠。
※浮世草子・新色五巻書(1698)三「網代笠(アジロガサ)に竹杖、衣の袖を絞り上げ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網代笠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

網代笠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.