Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

継母【ケイボ】

デジタル大辞泉

けい‐ぼ【継母】
父ので、自分のつながっていない。ままはは。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まま‐はは【継母】
血のつながっていない母。けいぼ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ままはは【継母】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

けい‐ぼ【継母】
〘名〙 父の妻で、実母や養母ではない者。父の後妻。ままはは。〔令義解(718)〕
※太平記(14C後)一二「孝子其父に雖誠、継母(ケイボ)其子を讒する時は傾国失家事古より其類多し」 〔礼記‐服問〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まま‐はは【継母】
〘名〙 (「ままはわ」の時代も) 血のつながっていない母。父の後添いの妻。けいぼ。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「あこ君の許へ時々かよふをままははの北方、うらやましとおぼしけれど」
[語誌](1)「まま(継)」は血のつながらない親子あるいは異母の兄弟姉妹を意味する語素。同母の兄弟姉妹には「いろ」を用いて「いろせ」「いろと」などという。
(2)中世以降は後妻を指すことが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

継母」の用語解説はコトバンクが提供しています。

継母の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.