Rakuten infoseek

辞書

【ゼツ】

デジタル大辞泉

ぜつ【絶】[漢字項目]
[音]ゼツ(呉) [訓]たえる たやす たつ
学習漢字]5年
途中でたち切る。連続しているものや関係が切れる。「絶交絶食絶望絶命絶滅気絶義絶根絶断絶中絶途絶廃絶悶絶(もんぜつ)
遠く隔たる。「絶域絶海絶境隔絶懸絶
こばむ。「拒絶謝絶
普通とはかけ離れて優れている。「絶景絶勝絶唱絶品絶倫冠絶卓絶超絶
この上なく。非常に。「絶好絶賛絶大絶妙凄絶(せいぜつ)壮絶
漢詩の一体。絶句のこと。「五絶七絶
[名のり]たう・たえ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜつ【絶】
〘名〙
① 「ぜっく(絶句)」の略。
※随筆・独寝(1724頃)上「余亦毎絶綴上レ律、必贈彼以且譏且賞」
② 短歌のこと。長歌を中国風に「賦(ふ)」というのに対する。また、接尾語的に、短歌を数えるのに用いる。
※万葉(8C後)一七・三九九三・題詞「敬和覧布勢水海一首并一絶」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぜっ‐・す【絶】
〘自他サ変〙 ⇒ぜっする(絶)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぜっ‐・する【絶】
[1] 〘自サ変〙 ぜっ・す 〘自サ変〙
① (「…に絶する」または「…を絶する」の形で用いる) そのもの、または、状態とはまったくかけ離れる。越える。
※経国集(827)序〈滋野貞主〉「或強識稽古、或射策絶倫」
※拾玉得花(1428)「妙者、言語を絶(ゼッシ)て、心行所滅也」
② 続いていた状態やものがそこで終わる。絶える。〔文明本節用集(室町中)〕
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一五「もし強ゐて戸を開きて光明其膚に一注せば、渠(かれ)は立処に絶(ゼッ)して万事休(や)まむ」
[2] 〘他サ変〙 ぜっ・す 〘他サ変〙 物事の関係を断ち切る。断つ。
※続日本後紀‐天長一〇年(833)一〇月辛卯「父母歿後、口絶五味、哀慕之情無蹔忘時
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一六「遂に音信を絶す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たえ‐・す【絶】
[1] 〘自サ変〙 絶えてしまうようになる。きれるようになる。絶える。尽きる。
※万葉(8C後)一四・三三九七「常陸なる奈佐可の海の玉藻こそ引けば多延須礼(タエスレ)あどか多延世(タエセ)む」
※源氏(1001‐14頃)宿木「心惑ひのたえせぬもあいなきに」
[2] 〘他サ四〙 絶えるようにする。なくする。思い切る。絶やす。
※寛永版曾我物語(南北朝頃)一一「我等肉食をたえしては、身命助かり難し」
浮世草子・好色五人女(1686)五「香を絶(タヘ)さず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た・える【絶】
〘自ア下一(ヤ下一)〙 た・ゆ 〘自ヤ下二〙 (続いているものが途中で切れるのが原義)
① 一続きのものが途中で切れる。続いていたものが切れて続かなくなる。とぎれる。
※書紀(720)仁徳二二年正月・歌謡「貴人(うまひと)の 立つる言立(ことだて) うさゆづる 多曳(タエ)ば継がむに 並べてもがも」
※竹取(9C末‐10C初)「綱たゆるすなはちに〈略〉落ち給へり」
② さらに続くべきものの先がなくなる。尽きる。途中で消える。滅びる。
※万葉(8C後)五・八三〇「万代に年は来経(きふ)とも梅の花多由流(タユル)ことなく咲き渡るべし」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「山の端の心も知らで行く月はうはの空にてかげやたえなん」
③ 命がなくなる。息がとまる。死ぬ。また、気絶して正体がなくなる。→絶え入る
※山家集(12C後)中「琴の音になみだを添へて流すかなたえなましかばと思ふ哀に」
④ 人との関係が切れる。縁が切れる。交わりがとぎれる。
※万葉(8C後)一一・二六四七「横雲の空ゆ延(ひ)き越し遠みこそ目言(めこと)(か)るらめ絶(たゆ)と隔てや」
※伊勢物語(10C前)二二「昔、はかなくてたえにけるなか、猶や忘れざりけん、女のもとより」
⑤ 世間との行き来がなくなる。人里を離れる。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「かの、たえたる峯に、うつろひ給ひにし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たや・す【絶】
〘他サ五(四)〙
① あるものを絶えるようにする。絶つ。
千載(1187)序「かつは道をたやさざらんがために」
② あるものをなくなったままにすておく。きらす。
※俳諧・炭俵(1694)下「片はげ山に月をみるかな〈利牛〉 好物の餠を絶さぬあきの風〈野坡〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た・ゆ【絶】
〘自ヤ下二〙 ⇒たえる(絶)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.