Rakuten infoseek

辞書

絵所【えどころ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

絵所
えどころ
平安時代以降,宮廷社寺に所属し絵画制作を担当した機関。大同3 (808) 年,それまでの画工司 (えだくみのつかさ) が廃止されたのち,9世紀なかばに宮廷内に設立された。組織としては,事務を司る別当の下に専門絵師 (あずかり) と墨書 (すみがき) が配され,さらに補助的な雑工がいた。ここでは宮廷や貴族の生活のあらゆる需要に応じて,屏風障子絵絵巻,冊子絵などの制作から,調度工芸のデザイン,彩色にいたるまで幅広い活動を行なった。絵師たちはまた絵仏師とともに仏教建築内部の装飾や仏画の制作にもたずさわった。鎌倉時代以降,宮廷の絵所は,伝統的なやまと絵の様式技法を受継ぎ,14世紀末には土佐派絵所預の職を世襲するようになった。宮廷絵所とは別に鎌倉時代に入ると東寺や興福寺,春日大社など,寺院に所属する絵所も設けられるようになり,特に興福寺絵所は吐田 (はんだ) 座,芝座に分れて室町時代まで活動した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

え‐どころ〔ヱ‐〕【絵所/画所】
絵画に関することをつかさどった役所平安時代には朝廷に置かれたが、鎌倉時代以後は住吉春日(かすが)神社、本願寺など大きな社寺にも設けられるようになり、室町幕府江戸幕府もこれを設けた。また、そこに属した絵師。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えどころ【絵所】
絵画や意匠などを制作,考案する工房。また,その工房を組織する絵師をもさす。8世紀の初期に律令制が整備されると,中務省内に図書寮などとともに,画工司(えだくみのつかさ)が当時の公的な絵画制作の機関として設けられた。だが,この時期の大規模な国営事業に際して編成された令制外の造営官司に,〈絵所〉と記す作業工房の存在したことが《正倉院文書》によって知られる。この絵所は,しかし,8世紀末から始まる官営工房の解体削減によって,中務省管下の内匠寮縮小,吸収された画工司とともに,その消息を失う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

絵所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絵所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.