Rakuten infoseek

辞書

絵巻物【エマキモノ】

デジタル大辞泉

えまき‐もの〔ヱまき‐〕【絵巻物】
絵巻」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

絵巻物
 横に長い巻物[まきもの]に絵を描いたものです。右から左へ巻きながら見ます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えまきもの【絵巻物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えまきもの【絵巻物】
巻子本の形式をとる絵画の一種。文章(詞書ことばがき)とそれに対応する絵が交互にかかれる。左手で繰り広げ右手で巻きながら鑑賞する。平安・鎌倉時代に盛んに制作された。内容は、経典を絵解きしたもの(「過去現在因果経」など)、物語や日記を絵画化したもの(「源氏物語絵巻」「更級日記絵巻」など)、説話や社寺の縁起あるいは高僧の伝記などを描いたもの(「信貴山縁起絵巻」「西行物語絵巻」など)がある。絵巻。絵詞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

絵巻物
絵を主体にして,それに説明の文章を添えた絵本を巻子本に仕立てたもの.日本では絵巻物が盛んになるのは源平時代からで,鎌倉時代に最も優れたものが作成された.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

え‐まきもの ヱ‥【絵巻物】
〘名〙 巻物にかいた絵画作品。主に詞書(文章)とそれに対応する絵とが交互に配列されているもの。奈良時代にもみられるが、平安時代から鎌倉時代以後盛んにつくられ、画題の上から、物語、高僧伝、社寺縁起、戦記物、肖像、歌仙などに分けられる。えまき。
※随筆・燕石雑志(1811)四「彼絵巻物と唱(となふ)るものは、絵合(ゑあはせ)の余波(なごり)なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絵巻物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

絵巻物の関連情報

他サービスで検索

「絵巻物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.