Rakuten infoseek

辞書

結晶粒【ケッショウリュウ】

デジタル大辞泉

けっしょう‐りゅう〔ケツシヤウリフ〕【結晶粒】
多結晶を構成する個々の単結晶。また、結晶粒どうしの境界粒界という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

結晶粒
けっしょうりゅう
crystal grain
金属材料のように、見かけは一様にみえる固体を顕微鏡で観察すると、1000分の1ミリメートルから10分の1ミリメートル程度の不規則な形をした微結晶の集まりになっていることが多い。その微結晶を結晶粒という。一般に結晶粒が小さいほど金属材料の機械的強度は大きいが、逆に化学的腐食に対する耐性は低くなる傾向がある。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結晶粒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結晶粒の関連情報

他サービスで検索

「結晶粒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.