Rakuten infoseek

辞書

結政【カタナシ】

デジタル大辞泉

かた‐なし【結政】
《集めて一つにまとめる動詞「かたなす」の連用形から》
奈良・平安時代、除目(じもく)などの政務に関する書類を一つに束ねてび、務を行う前にこれを開いて読み上げた儀式
結政所(かたなしどころ)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたなし【結政】
平安時代の政務の一つで,公卿が主宰する政に先立って,弁官文書を整理する行事。またその場所である結政所(かたなしどころ)の略称。〈けっせい〉ともいう。〈かたなし〉とは,まとめるという意味の〈結(かた)ね成す〉の語から転じたものといい,文書の決裁・確認の行為をさすらしい。太政官に申すべき諸司諸国の庶政はすべて弁官を経るが,弁官が太政官の政に提出すべきこれらの文書を整理する行事が結政で,大弁以下の弁官や,少納言・外記・などが結政所に集まり,史が文書を弁官に提出して決裁を経るが,その間,やかましい作法をともなう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

けっせい【結政】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたなし【結政】
動詞かたぬの連用形になすの付いたかたねなすの転であるかたなす=集メテヒトマトメニスルの連用形から
奈良・平安時代、太政官庁や外記庁げきのちようで、政務に関する書類を一つに束ねておいたものを、政務を行う前に開いて読み上げた儀式。
「結政所かたなしどころ」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐なし【結政】
〘名〙 (動詞「かたなす(結)」の連用形の名詞化)
① 奈良・平安時代の朝廷政務の儀式の一つ。政務に関する書類を整理して束ね、政務に先だち開いて読み上げ、再び束ねる儀式。官結政と外記(げき)結政があり、平安中期以後は外記結政が多い。
※御堂関白記‐寛弘六年(1009)三月一四日「結政如常、立座時、右大弁先立出立所
※本朝世紀‐康保四年(967)六月三日「封符於結政請印。素服挙哀美服宴飲等官符同加請印了」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けっ‐せい【結政】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結政」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結政の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.