Rakuten infoseek

辞書

結婚式【けっこんしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

結婚式
けっこんしき
婚姻に際して行う儀式。日本では近世以来,仲人が介添えして男女が杯を取りかわす。神前に報告して誓約をし,三三九度の杯をかわす神前結婚の式が行われたのは 1900 (明治 33) 年,日比谷大神宮で大正天皇の御成婚の慶事を記念したのが最初である。当事者の信仰によって,キリスト教会で行うもの,仏前で行うもの,また友人知己の前で当事者が誓約し婚姻届に調印する人前結婚式もある。普通,結婚式に続いて披露宴が催されるが,これは婚姻の成立を社会的に示し,友人知己がこれを祝福する意味のものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けっこん‐しき【結婚式】
婚礼」に同じ。「神前結婚式

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

結婚式
今日、日本で最も広く行われているのは神前結婚式であるが、それほど古い伝統のあるものではない。明治三三(一九〇〇)年に大正天皇(当時は皇太子)の神前結婚式が宮中で行われたのを機会に、国民の間に神前結婚式を広めようとする気運が起きた。そして、当時の伊勢神宮の崇敬団体であった神宮奉斎会が神前結婚式の式次第を創案した。翌明治三四年、東京の日比谷大神宮(現在の東京大神宮)でそのデモンストレーションのための「模擬神前結婚式」を挙行、これが新聞・雑誌で報道され、若い人々に大きな影響を与えた。したがって、わずか一〇〇年ばかりの伝統である。現在の式次第は、基本的にはこの一〇〇年前のものを踏襲している。キリスト教式結婚式は、原則としては信者が所属する教会で行うものである。しかし、最近は信者でなくてもよいとする教会や、ホテルなどが設置した挙式場で行われる場合が多くなった。さらに、近年は仏前結婚式も行われるようになったが、キリスト教式結婚式にしろ仏前結婚式にしろ、やはり信者同士が結婚する時に行われるものである。格好がいいからという理由でキリスト教の教会で挙式したが、結婚後になって互いの宗教に対する考え方の違いから離婚するケースもある。結婚する前に、相手の宗教・信仰をしっかりと確かめておいた方がよい。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

けっこんしき【結婚式】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けっこんしき【結婚式】
神仏あるいはしかるべき人々の前で結婚の誓約をする儀式。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

結婚式
けっこんしき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結婚式の関連情報

他サービスで検索

「結婚式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.