Rakuten infoseek

辞書

結城昌治【ユウキショウジ】

デジタル大辞泉

ゆうき‐しょうじ〔ゆふきシヤウヂ〕【結城昌治】
[1927~1996]小説家。東京の生まれ。本名、田村幸雄。推理小説やスパイ小説を数多く発表し人気作家となる。硬質の作風で、日本のハードボイルド先駆者と呼ばれた。「軍旗はためく下に」で直木賞受賞。他に「ゴメスの名はゴメス」「長い長い眠り」「白昼堂々」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

結城昌治 ゆうき-しょうじ
1927-1996 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和2年2月5日生まれ。37年スパイ小説「ゴメスの名はゴメス」で注目される。45年旧陸軍刑法の非人間性をあばいた「軍旗はためく下に」で直木賞,60年「終着駅」で吉川英治文学賞をうけたほか,推理小説,ハードボイルド小説と幅ひろく活躍した。平成8年1月24日死去。68歳。東京出身。早大専門部卒。本名は田村幸雄。
【格言など】地に消ゆるまでの淡雪せつに降る(「結城昌治集・四季」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

結城昌治
ゆうきしょうじ
(1927―1996)
小説家。東京生まれ。本名田村幸雄(ゆきお)。高輪(たかなわ)中学から海兵団に入団。第二次世界大戦後、早稲田(わせだ)大学専門部法科卒業。地検事務官になったが、結核を患う。療養中、石田波郷(はきょう)や福永武彦(たけひこ)と知り合う。『寒中水泳』(1959)で、日本版『エラリー・クイーンズ・ミステリー・マガジン』コンテストに入選。『長い長い眠り』(1960)、『仲のいい死体』(1961)などの推理小説を経て、『ゴメスの名はゴメス』(1962)はスパイ小説の収穫とされ、『夜の終る時』(1963)で日本推理作家協会賞。『軍旗はためく下に』(1970)により第63回直木賞を受賞。さらに、伝記小説『志ん生(しんしょう)一代』(1976)、吉川英治文学賞を受賞した『終着駅』(1984)などを書く。その後も、連作推理小説集『修羅の匂い』(1990)、短編集『エンドレス』(1991)、連作推理小説集『決着』(1993)、『出来事』(1994)と書き継ぎ、没後の1996年(平成8)9月に刊行された懺悔(ざんげ)物語8話で構成される『泥棒たちの昼休み』と続いた。98年には、死の直前に語った「人生最後の志」『死もまた愉(たの)し』が刊行された。[伊藤和也・磯貝勝太郎]
『『結城昌治推理シリーズ』全6巻(1966~67・講談社) ▽『結城昌治作品集』1~8(1973~74・朝日新聞社) ▽『結城昌治自選傑作短編集』(1976・読売新聞社) ▽『結城昌治ショート・ショート全集』(1978・六興出版) ▽『結城昌治長編推理小説選集』1~8(1980~81・東京文芸社) ▽『軍旗はためく下に』『長い長い眠り』『終着駅』『志ん生一代』上下『出来事』(中公文庫) ▽『仲のいい死体』『夜の終る時』『ゴメスの名はゴメス』(角川文庫) ▽『泥棒たちの昼休み』『死もまた愉し』(講談社文庫) ▽『修羅の匂い』(文春文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結城昌治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結城昌治の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広[各個指定]工芸技術部門衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎

他サービスで検索

「結城昌治」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.