Rakuten infoseek

辞書

結合法則【けつごうほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

結合法則
けつごうほうそく
associative law
結合律ともいう。演算 * の定義された集合 S において S の任意の3つの元 xyz に対して x*(yz)=(xy)*z が成り立つとき,この演算 * は結合法則を満たすという。整数,有理数,実数,複素数などの集合では,演算 + (加法) ,および演算・ (乗法) がいずれも結合法則を満たしている。すなわち
x+(yz)=(xy)+z
x・(yz)=(xy)・z
また,集合の演算 ∪ および ∩ も結合法則を満たしている。すなわち
A∪(BC)=(AB)∪C
A∩(BC)=(AB)∩C
結合法則は代数的結合として自然なものなので,たいていの代数構造は結合法則を満たす。リー環やジョルダンのように非結合的な代数系もあるが,これには代りにほかの特殊な結合関係が規定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けつごう‐ほうそく〔ケツガフハフソク〕【結合法則】
数の加法乗法で、演算の結合方法を変えることができる法則。加法ではa+(bc)=(ab)+cが、乗法ではa・(bc)=(ab)・cが成り立つ。また、これらの演算を結合的である、または結合性をもつという。結合律結合則

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けつごうほうそく【結合法則 associative law】
整数p,q,rについて,それらの和,積を考えると,それぞれ,p+(qr)=(pq)+r,p×(q×r)=(p×qrである。これらを整数(環)の加法および乗法に関する結合法則という。一般に,集合Aにおける演算*が,Aの元a,b,cについて,a*(bc)=(ab)*cを満たすとき,演算*は結合法則を満たすという。群の乗法や,環の加法,乗法は,それぞれ結合法則を満たす。例えば,二次の正方行列の和,積は,ともに結合法則を満たす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けつごうほうそく【結合法則】
〘数〙 加法では(a b )+c a +(b c )、乗法では(a ×b )×c a ×(b ×c )が成り立つこと。一般に算法◦が(a b )◦c a ◦(b c )を満たすとき、算法◦では結合法則が成り立つという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

結合法則
けつごうほうそく
associative law
算法の結合の順序に関する法則。結合律ともいう。たとえば2+(3+5)や(2+3)+5はともに10であり、2×(3×5)や(2×3)×5はともに30に等しいというように、一つの算法()と元a、b、cについて、最初にaとbを結合し、その結果にcを結合したもの(ab)cと、aと先にbとcを結合した結果との結合a(bc)が等しいという法則である。つまりa、b、cの順序のみに関係して結合の順には関係しないという法則である。この法則は数の加法(+)、乗法(×)、写像の合成()などについて成立するのみならず、たとえば命題についてもAand(BandC)と(AandB)andCが同値であるという意味で成立する。しかしたとえば、(2÷3)÷2=2/6であるが2÷(3÷2)=4/3のように結合法則の成立しない例も多い。[難波完爾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けつごう‐ほうそく ケツガフハフソク【結合法則】
〘名〙 演算の三法則の一つ。数の加法、乗法は、括弧をどのようにつけても結果にかわりがない (a+b)+c=a+(b+c), (ab)c=a(bc) という性質をもつが、これを「加法、乗法は結合法則をみたす」といい表わす。結合律。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結合法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

結合法則の関連情報

他サービスで検索

「結合法則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.