Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

経帷子【きょうかたびら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

経帷子
きょうかたびら
死者に着せる着物。経典中の語句,または仏陀の名,仏教に用いる呪句,仏陀や菩薩の象徴である梵字などを記した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐かたびら〔キヤウ‐〕【経帷子】
仏式の葬儀で、名号・経文題目などを書いて死者に着せる衣。白麻などで作る。経衣(きょうえ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

経帷子
仏式で葬る時、死者に着せる白い着物。最近では、生前愛用していたを着せることもあります。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

きょうかたびら【経帷子】
仏式で死者を葬るとき,死装束(しにしようぞく)として着せる浄衣。経衣(きようえ)ともいう。白の麻や木綿,または紙布などでつくる。裏地をつけずにひとえとし,縫い目の糸はとめないでおく。(おくみ)や背に〈南無阿弥陀仏〉〈南無妙法蓮華経〉の名号・題目,また真言(陀羅尼だらに)),種子(しゆじ)(梵字),経文などを書き,朱印を押す。《不空羂索真言経(ふくうけんじやくしんごんきよう)》に,重罪のものもこれを着すれば解脱(げだつ)を得るとあり,死者もこれを身につけると生前の罪が消え,地獄の責め苦をまぬがれ,浄土に往生できるとの信仰が生じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

経帷子
きょうかたびら

僧の姿になぞらえて白木綿に経文を記した死装束。明衣(みょうえ)とも浄衣(じょうえ)ともいう。たとえ地獄に落ちても陀羅尼(だらに)の威力で浄土に生まれるとする密教経典の所説から生じた習俗で、書式は宗派によって異なる。死者と有縁の女性が集まって何人かが引っ張り合って同時に縫ったり、脚絆(きゃはん)や足袋(たび)を別の人が縫い、糸尻(いとじり)を止めないなどの作法がある。生前に全国霊山霊場を巡って寺印を押して用意するなどの習俗もみられる。

[藤井正雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐かたびら キャウ‥【経帷子】
〘名〙 仏教の葬式で、死者に着せる衣。白麻などで作り、縫い目の糸はとめないでおき、衽(おくみ)や背には名号、題目などを書く。寿衣(じゅい)。経衣(きょうえ)
※太閤記(1625)六「上村経かたびらの出立にて籠城せしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経帷子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経帷子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.