Rakuten infoseek

辞書

経国集【けいこくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

経国集
けいこくしゅう
平安時代初期の勅撰漢詩文集。天長4 (827) 年,淳和天皇勅命良岑安世 (よしみねのやすよ) らが。 20巻。と文を合集した最初のもの。慶雲4 (707) 年から天長4年にいたる 121年間の作者 178名の作品 1000編余を 20巻に分類編纂したが,現存するのは6巻にすぎない。詩文の種類はによると,,詩,序,対策で,詩が圧倒的に多く,当時の風潮として唐詩の影響を強く受けている。本書書名の文帝の『典論』の「文章は経国の大業にして不朽の盛事なり」の文に基づいていることに,漢詩文全盛時代における編者の意気込みが強く感じられる。奈良時代から平安初期にいたる漢詩文の大勢を知るうえに欠くことのできない貴重な史料

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいこくしゅう〔ケイコクシフ〕【経国集】
平安前期の撰漢詩文集。20巻。現存は6巻。淳和天皇で、良岑安世(よしみねのやすよ)滋野貞主(しげののさだぬし)らと編纂(へんさん)。天長4年(827)成立嵯峨天皇石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)淡海三船(おうみのみふね)空海ら178人の作品千余編を収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいこくしゅう【経国集】
平安初期,827年(天長4)5月成立した勅撰第3漢詩集。20巻。書名は,〈文章は経国の大業,不朽の盛事〉という魏の文帝の〈典論・論文〉による。淳和天皇の勅を奉じ,良岑安世(よしみねのやすよ)が滋野(しげの)貞主,南淵弘貞,菅原清公ら数名とともに協議して編集したもの。体裁分類など《文選》を学ぶ。文武帝の707年(慶雲4)以来の詩数917,賦(ふ)17首のほか,序51,対策文38首を収め,作者178人に及ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいこくしゅう【経国集】
勅撰漢詩文集。二〇巻。現存六巻。淳和天皇の命を受け、良岑よしみね安世が滋野貞主・菅原清公らと撰。827年成立。嵯峨天皇・石上宅嗣いそのかみのやかつぐ・淡海三船おうみのみふね・空海らの詩文を収める。六朝りくちよう詩・唐詩の影響を受け、平安時代詩文の隆盛を示す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

経国集
けいこくしゅう
平安前期の漢詩文集。827年(天長4)、滋野貞主(しげののさだぬし)、良岑安世(よしみねのやすよ)、菅原清公(すがわらのきよきみ)らによって編纂撰進(へんさんせんしん)された。書名は魏(ぎ)の文帝の「典論」にある、「(文章は)経国之大業而不朽」による。もともと20巻だったが、現存するのは巻1「賦(ふ)」、巻10、11、13、14(以上、詩)、巻20「策(官吏登用試験の問題文)」の6巻。所載詩人の範囲を707年(慶雲4)までさかのぼらせて、作者178人、賦17首、詩917首、序51首、対策(官吏登用試験の答案)38首を撰(えら)び、同じ勅撰(ちょくせん)集である『凌雲集(りょううんしゅう)』や『文華秀麗集』に比べてずっと大規模なものとなった。嵯峨(さが)天皇、滋野貞主、菅原清公、小野岑守(みねもり)らが多く入集(にっしゅう)しているが、宮廷貴族と出自を異にする空海の詩が8首あることに注目される。[金原 理]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいこくしゅう ‥シフ【経国集】
平安前期の勅撰漢詩文集。二〇巻。現存六巻。淳和天皇の勅命を受け、良岑(よしみね)安世が、滋野貞主らと編纂。天長四年(八二七)成立。文武天皇の慶雲四年(七〇七)から天長四年まで、嵯峨天皇、石上(いそのかみ)宅嗣、淡海三船、空海ら一七八人の詩、賦、序、対策千余編を収めたもの。詩は六朝詩、唐詩の影響が強い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

経国集
けいこくしゅう
平安初期,最後の勅撰漢詩文集
827年完成。20巻(現存6巻)。淳和 (じゆんな) 天皇の命により良岑安世 (よしみねのやすよ) らの撰。書名は「文章は経国の大業なり」(魏の文帝の語)による。作者は嵯峨天皇・空海ら178人。宗教的・観想的傾向をもつ。平安初期の漢文学隆盛の総決算。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経国集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経国集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.