Rakuten infoseek

辞書

経世会【ケイセイカイ】

デジタル大辞泉

けいせい‐かい〔‐クワイ〕【経世会】
自由民主党にあった派閥竹下派小渕派。昭和62年(1987)に竹下登・金丸信らが田中派の大多数のメンバーを率いて独立して結成。党内最大派閥として影響力を発揮したが、平成5年(1993)に小沢一郎らが離脱して縮小。同8年に平成研究会に改称した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

経世会
けいせいかい
自由民主党派閥。1987年7月竹下登を中心として結成された。1985年に竹下木曜クラブ(田中派)内の圧倒的多数の支持を得て結成した政策研究集団,創政会母体。竹下は,党内最大派閥ながら独自に総裁候補を擁立できなかった田中派内の不満を巧妙に吸収し,それを基礎に総裁選挙に立候補,1987年10月に中曽根康弘から後継総裁に指名された。1989年に竹下はリクルート事件内閣総理大臣を辞職したが,その政治力は温存され,宇野宗佑内閣,海部俊樹内閣の成立過程でも強い影響力を発揮した。しかし,1991年6月に東京佐川急便事件が表面化,それに伴って発覚した皇民党事件,不正献金による金丸信副総裁の辞任など不祥事が続き,派内の主導権争いが起こった。小渕恵三を後継会長に推す竹下らに反発した小沢一郎羽田孜らが,1992年に改革フォーラム21(→新生党)を結成,離脱したことで,経世会は弱体化した。その後,小渕が派閥を継承し,1994年に平成政治研究会,さらに平成研究会へと改称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

経世会
けいせいかい
自由民主党・竹下派の名称。1985年(昭和60)、田中角栄(たなかかくえい)を領袖(りょうしゅう)とする田中派内で創政会(1986年解散)として旗揚げし、1987年7月に結成した。同年11月に会長の竹下登(たけしたのぼる)が首相に就任したが、リクルート事件にからみ、わずか1年半で退陣。その後元副総理の金丸信(かねまるしん)が会長に就き、宇野宗佑(うのそうすけ)、海部俊樹(かいふとしき)、宮沢喜一各政権を通じて党・内閣を実質的に支配した。しかし、1992年(平成4)10月、東京佐川急便事件にからんで会長の金丸信が衆院議員を辞職したのをきっかけに、グループ内に対立が生じ、同年12月、小渕恵三(おぶちけいぞう)らの「小渕派」と羽田孜(はたつとむ)、小沢一郎らの「羽田派」に分裂。長年続いた「田中派支配」「竹下派支配」に終止符を打った。1993年6月には「羽田派」が自民党を離党し新生党を結成、同年8月、自民党は38年ぶりに政権を失うことになった(1994年6月与党に復帰)。その後、新進党結成と分裂をへて、羽田孜は民主党に入り、小沢一郎は自由党を結成したが、2003年9月、自由党を解散し、民主党に合流した。一方、「小渕派」は、1994年に経世会の名称を平成政治研究会、のち平成研究会と変更、会長の小渕恵三が1998年7月に首相に就任したが、2000年4月に脳梗塞(のうこうそく)で倒れ、同年5月に死去、橋本龍太郎(「橋本派」)に引き継がれた。2004年7月、日本歯科医師連盟から同派への不正献金問題が浮上、この問題の責任を取って橋本は会長を辞任した。2005年11月に津島雄二が、2009年9月には額賀福志郎(ぬかがふくしろう)が会長となり、2010年時点では「額賀派」となっている。[橋本五郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経世会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

経世会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.