Rakuten infoseek

辞書

【くみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


くみ
同業者の組織,学級編成などさまざまの社会組織をさすが,古くはいろいろの用例があった。 (1) 江戸時代,武士の編成単位。本来は戦闘の単位であるが,平時にも身分等級によって役が与えられ,組に編成されていた。鉄砲組,小姓組などがそれである (→組頭 ) 。 (2) 日本の村落社会における社会的結合の単位。本来同族組織を中心とする血縁集団であったが,江戸時代に入ると地縁的に結合し,相互扶助,日常の共同労働を目的とする組,すなわち葬式組,祭組,水車組,普請組,ゆい組 (田植えなどの労力交換) などができた。 (3) 江戸時代,領主が領内支配のため設けた行政区画も組 (地域により通,筋など) といい,城下町には組町があった。 (4) 江戸時代,都市における各種の職業組合的結合。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くみ【組(み)】
[名]組むこと。組んだもの。
二つ以上を取り合わせたひとまとまりのもの。そろい。セット。「テーブルと組みになっているソファー」
事をともにする人のまとまり。グループ。「四人ずつ組みになる」「居残る組みと出発する組みとに分ける」
2のうち、特に次のようなまとまり。
㋐学級。クラス。「二年一
㋑結社・仲間などの一団。「の幹部」「新撰
㋒土木建築工事を請け負う業者などが会社名に使う称。
暴力団のこと。
同類とみなされる仲間。「冷や飯
印刷で、原稿に従って活字を組むこと。また、組んだもの。「組み見本」
株仲間のこと。
組歌」の略。
組屋敷」の略。
組糸」の略。
[接尾]助数詞。いくつかが集まってひとそろいになっているものを数える。「コーヒー茶碗一(ひと)組み」「二(ふた)組みの夫婦」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【組】[漢字項目]
[音](漢) [訓]くむ くみ
学習漢字]2年
〈ソ〉
何本かの太い糸をより合わせたひも。組みひも。「組綬(そじゅ)
いくつかの要素を集め、一つのまとまりにくみ立てる。「組閣組織組成改組
組合のこと。「職組・労組
〈くみ(ぐみ)〉「組曲組長/白組・隣組番組

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝塚用語辞典

当初は生徒数も少なく年4公演だったので組分けの必要もなかったが、1921年、年8回公演にするため、第1部、第2部に分け、第1部を「花組」、第2部を「月組」と名づけた。
1924年に大劇場が生まれ翌年から年12回公演を実施するため「雪組」を新設。1933年7月には東京宝塚劇場の開場にそなえ「星組」を設置し4組となった。戦時中の1939年に星組が廃止され、戦後は3組で再開したが、1948年に星組復活。1998年1月には、65年ぶりに第5の組「宙組」が発足し、今の5組体制となる。

出典:宝塚歌劇公式ホームページ「宝塚用語辞典」

世界大百科事典 第2版

くみ【組】
日本の地域社会において居住の近接性に基づいて地域的に家々を編成する組織。組は,ムラとかマチと呼ばれる地域をいくつかに内部区分する村組と,家々を一定数ずつにくくる近隣組に大別される。村組も近隣組も学術用語であり,具体的には各地でさまざまな名称と組織形態を示し,また一つの地域社会に両者が重層して併存しているのが通例である。その場合,地域社会がいくつかの村組に区分され,その一つの村組の中がさらにいくつかの近隣組に区分されているのが一般的であるが,村組と近隣組の組織化の基準の相違のため,村組の区分と近隣組の区分が一致しないこともある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


くみ
日本の村落のなかで、もっとも狭い地区につくられた地縁的な機能(関心)集団のことをいう。村落内で相互扶助的な共同生活を営んでいる近隣集団のつくる組織だといってよい。同種のものに講とよばれるものがあるが、それは信仰的なものを成立の基盤とするものであり、性格上異なる点をもっている。
 組は、普通数戸ないし十数戸によって構成されている。そこで、一つの地区(村落)は、いくつかの組に分かれている場合が多い。その呼び名は、地方によって異なるが、代表的なものには、「坪(つぼ)」「垣内(かいと)」「方切(ほうぎり)」「契約」「門(かど)」あるいは「五人組」などがある。また、組は、共同扶助と、祭礼、冠婚葬祭、普請、火災・水害防衛などの機能を果たすところから、「葬式組」「祭組」「普請組(屋根講)」あるいは「ゆい組」などともよばれる。日本の地域共同社会(コミュニティ)としての村落には、こうした組とよばれる多種類の機能集団(アソシエーション)が、あたかもその諸器官のように存在し、それぞれの役割を果たしているのである。
 日本の家と村落の基本構造を形づくるものとして、「同族と組」という家連合の類型と、「同族結合と講組結合」という村落の類型を設ける諸説がある。前者は、本家を頂点として、系譜関係をもつ家々が、ピラミッド型に序列づけられてできるタイプのものと、家々が平等の資格で並列的に存在してできるタイプのものとの、二つのタイプを設けた説である。そして後者は、こうした二つのタイプを村落の型として考えた説である。これらの諸説は、日本の家と村落についての諸特徴をよくとらえているから、その点は生かしながらも、よりいっそう現実社会や歴史的過程に即したものとして、理論的発展を図るとよいだろう。
 ところで、日本の歴史のなかで、為政者が、近隣集団としての組の結合に着目して、それを国家の行政機構の末端の単位として組み入れ、利用したことがあった。すなわち、江戸時代には、五人組の制度を敷くことによって、それを行政上に位置づけ、連帯責任による相互検察、共同担保、互助共済の機能を果たさせたのであった。また、昭和に入って、戦時下、隣組制度が敷かれたのは、同じく組を、行政上の単位として掌握し、末端の機能を果たさせたものであった。しかし、本来の組は、こうした行政制度のなかに組み入れられたものとは性格的に異なるものであって、逆に現実の地縁結合のなかから発生した集団であるという点は、注意しておかなければならない。[二宮哲雄]
『守随一著「部落と組」(柳田国男編『山村生活の研究』所収・1937・民間伝承の会) ▽有賀喜左衞門著「日本の家」(『日本民族』所収・1952・岩波書店) ▽福武直著『日本農村の社会的性格』(1949・東京大学出版会) ▽二宮哲雄著「ムラと組」(『講座日本の民俗2 社会構成』所収・1980・有精堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くみ【組】
〘名〙 (動詞「くむ(組)」の連用形の名詞化) 組むこと。また、そのもの。
① 縒(よ)りあわせたり、そろえたりすること、またそのようなもの。
② 「くみいと(組糸)」の略。
※新撰字鏡(898‐901頃)「 久彌」
※古今著聞集(1254)一七「大なる人あかきくみをくびにかけて」
③ 佩物(おびもの)の玉を貫く総(ふさ)。玉佩(ぎょくはい)の緒。おぶさ。綬(じゅ)
※十巻本和名抄(934頃)六「綬 礼記注云綬〈音受 久美 又用組字音祖〉所以貫珮玉相受也」
④ 原稿に従って活字を配列し、印刷できるようにすること。
⑤ 同じ種類または同じ性格を持ったものが一つのまとまりを持つこと。
(イ) 一緒にして一そろいになるもの。そろい。組合わせ。対(つい)
※制度通(1724)九「処の百姓二三十家を一会(クミ)にして」
(ロ) 同じような性格を持つと見られる人々の部類。
※都繁昌記(1837)乞食「而して其徒党(〈注〉なかま)を約し部(〈注〉クミ)を分」
⑥ 「くみうた(組歌)」の略。
※浮世草子・武道伝来記(1687)六「ながきよの折々の手ずさみに組(クミ)の證哥をうたひて」
⑦ 同じ目的、行為などのために仲間同士の関係になること。また、そうなった人々の一団。→与(くみ)する
(イ) なかま。
※本福寺跡書(1560頃)「敵の組西切・今堅田・東切にて切負、白浜へ、葭のなかへ流逃げ去るなり」
(ロ) 同じ武器を持った軍兵が一つの群になったもの。隊。
※太平記(14C後)二二「岡部出羽守が一族四十余人、皆日比の与(クミ)にて自害しぬ」
(ハ) 株仲間のこと。
※洒落本・三千之紙屑(1801)二「お組の衆かへ」
⑨ 学級を構成する一単位。クラス。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「『甲の組(クミ)かね』『乙です』」
⑩ 親分を中心とする博徒の仲間、また、土木建築業などの結社にいう語。
※魔の河(1957)〈火野葦平〉一「昌介は辻組の後継者なので、若おやじと呼ばれている」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

く・む【組】
[1] 〘自マ五(四)〙
① 手と手、足と足などをからめる。また、互いに相手を押えつけようとして争う。組打ちをする。とっくみあう。
※平家(13C前)七「よい敵と目をかけ、鞭、あぶみを合はせて馳せ来たり、押し並べてむずとくむ」
② ある目的のために仲間になる。協力する。→与(くみ)する
※蘇悉地羯羅経略疏天暦五年点(951)六「夢の中に真言の主背き去りて、或は与(クミ)語らはずは、更に起首すべしといふことを明す」
[2] 〘他マ五(四)〙
① 糸などの細長いものを交互にからみ合わせる。あざなう。編む。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「青つづらを大なる籠(こ)にくみて、いかめしきくり・とちを入れて」
② 交え合わせる。交差させる。
※平家(13C前)八「外侍には家子郎等肩をならべ、膝を組てなみゐたり」
③ 組み合わせて作る。作り構える。
※方丈記(1212)「土居(つちゐ)をくみ、うちおほひを葺きて、継目ごとにかけがねを掛けたり」
④ 印刷で、原稿に従って活字を並べる。
※断橋(1911)〈岩野泡鳴〉八「然し、社長、ここ、少くとも百円の手金を打たねば、印刷屋が原稿を組み出さんぢゃないか?」
⑤ 個々のものをまとめて組織を作る。編成する。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「印度人は〈略〉多数の人民、隊を組み、象馬などを引き連れて、虎狩を為すことあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

組の関連情報

他サービスで検索

「組」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.