Rakuten infoseek

辞書

組織液【ソシキエキ】

デジタル大辞泉

そしき‐えき【組織液】
動物の組織の細胞間を満たす液体成分。脊椎動物では毛細血管から血漿(けっしょう)がしみ出したもので、細胞に酸素・栄養を与え排出物を受け、大部分リンパ管に入り血管系に戻る。組織間液間質液

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

組織液
 →間質液

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そしきえき【組織液】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そしきえき【組織液】
動物の各組織の細胞間にある液体成分で、毛細血管から血漿が濾出したもの。細胞に栄養分を直接与え、また老廃物を受けとる。一部は血管に戻るが、大部分はリンパ管に入り、再び血管系に合流する。間質液。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

組織液
そしきえき
動物組織を浸している細胞間液をいう。脊椎(せきつい)動物の血液の血漿(けっしょう)は、毛細血管よりしみ出して組織の細胞間を流れる組織液となり、各細胞に酸素と栄養を与え、排出物を運び去る。動物組織の各細胞と直接接して、物質のやりとりをするのは組織液であり、動物体の真の内部環境を形成している。組織液の大部分はリンパ管内に入ってリンパ液となり、血管系に戻される。むくみ(水腫(すいしゅ))は組織液が異常に停滞した状態である。無脊椎動物のうち開放血管系をもつものでは、血液(血(けつ)リンパともいう)は直接組織の間を流れ、血液と組織液を区別することが困難である。脊椎動物や高等な無脊椎動物では、組織液の組成をほぼ一定に保つ機構が発達し、ホメオスタシスの典型的な例とされる。[村上 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そしき‐えき【組織液】
〘名〙 動物体の各組織で、細胞の外側にある体液。細胞に栄養を供給し、細胞からの排出物を受けとる。大部分はリンパ管にはいってリンパ液となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

組織液」の用語解説はコトバンクが提供しています。

組織液の関連情報

他サービスで検索

「組織液」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.