Rakuten infoseek

辞書

終末【シュウマツ】

デジタル大辞泉

しゅう‐まつ【終末】
物事が最後に行きつくところ。おわり。しまい。「事件の終末」「世界の終末

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうまつ【終末】
物事のおわり。おしまい。 「 -を迎える」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐まつ【終末】
〘名〙
① おわり。はて。しまい。終尾
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉三「第二期は第一期の終末、すなはち日清戦役の済んだ頃から、日露戦役の三十七八年くらひまでを指す」
② キリスト教で、世の終わりをいう。→終末論
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉七二「南京虫と奮闘しつつある絶望的の顔を世界終末(シュウマツ)の図の如くに目の前に描き出した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

終末」の用語解説はコトバンクが提供しています。

終末の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.