Rakuten infoseek

辞書

紳士【シンシ】

デジタル大辞泉

しん‐し【紳士】
搢紳(しんしん)の士の意》
上流社会の人。
「有名―の商議場たるが如く」〈織田訳・花柳春話
上品で礼儀正しく、教養の高いりっぱな男性。ジェントルマン。「紳士淑女」
成人の男性。「紳士服」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんし【紳士】
今日では身だしなみのよい上品な人を広くさすが,本来,搢(縉)(しんしん)という中国語からきており,搢紳の士を略したもの。搢(縉)は挿,紳は帯を意味し,官位にある者の象徴である笏を帯に挿していた官吏の代称であったが,近代日本ではジェントルマンgentlemanの訳語として,1879年ころから使われはじめ,やがて定着した。明治初年にはこの言葉はヨーロッパでも特定の身分層をさす概念から,粗野な振舞いのない穏やかで洗練されたマナーの,比較的上層の士を意味する概念になっていたが,日本でも,たとえ官尊民卑の風潮があるとはいえ,四民平等の時代に対応して,上流の官員商人の双方を一括して呼ぶ適当な言葉として登場,とくに商人については〈紳商〉と呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんし【紳士】
上流社会の男性。 「 -貴顕」
上品で教養があり礼儀正しい男。ジェントルマン。
成人男性の敬称。 「 -用靴下」 〔英語 gentleman の訳語。「米欧回覧実記」(1877年)にある。本来は「地方にいる官吏・退官した人」の意〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紳士
しんし
性質や品行が正しく、礼儀に厚く、学徳の高い貴人の称。「縉紳(しんしん)の士」の略で、「縉」は差し挟むこと、「紳」は衣冠束帯の大帯(おおおび)の意で、官位の高い身分ある人は、礼装の際に笏(しゃく)を大帯に差し挟んだところから、貴人の称となった。転じて、英語のジェントルマンgentlemanの訳語として、淑女(レディーlady)の対語となり、上流社会や地位、財産のある男性をいい、さらには、知性や教養が豊かで、礼節や信義をわきまえた男性一般の称となった。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐し【紳士】
〘名〙 (「搢紳(しんしん)の士」の意)
① 上流社会の人。財産、地位のある人。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「当時倫敦の名卿紳士は多く此地にありて、避暑をなすもの多きを以て」
② 性行が正しくて礼儀に厚く学徳、気品を備えた人。ジェントルマン。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉「謂はゆる紳士とはかかる人をこそ云ふならめ」
③ 身だしなみの整った成人の男性。また、品物や場所などについて、「男性」のことを丁寧にいう語。「紳士靴」「紳士用トイレ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紳士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紳士の関連情報

他サービスで検索

「紳士」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.