Rakuten infoseek

辞書

細胞壁【さいぼうへき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

細胞壁
さいぼうへき
cell wall
植物細胞の最外側に生じた壁。炭水化物主成分とする後質である。植物細胞の形を決定し,骨格的な役割をもつ。植物細胞でも変形菌類変形体,鞭毛藻植物のあるもの,および運動性の生殖細胞には,これを欠く。また動物細胞には一般に存在しない。細菌は細胞壁をもつが,独自のアミノ糖化合物であるムレインにより強固になっている。植物細胞の細胞壁は,普通ごく薄い中葉 (隣接する細胞間を接着する部で,細胞の最外部) と一次 (内方部) との2層からできている。前者細胞分裂の際生じる細胞板に由来し,おもにペクチン質より成り後者は付加されたもので,おもにセルロースからできている。道管,仮道管,繊維石細胞などでは,さらに内側に厚い二次膜が添加され,セルロースのほかにリグニンなどの物質を含む。細胞壁にはところどころ膜孔があり,そこが原形質連絡路になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいぼう‐へき〔サイバウ‐〕【細胞壁】
植物菌類細菌の細胞の最も外側の、主にセルロースペクチンからなる丈夫な膜。後形質からなり、成長する組織では長く伸びる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

細胞壁
 植物細胞にみられる原形質膜の外側の構造で,セルロース,ヘミセルロースなどが主成分.細菌にもあり,ペプチドグリカンが主成分.また真菌の細胞壁の主成分はキチン.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいぼうへき【細胞壁 cell wall】
植物細胞の原形質膜(細胞膜)の外側を囲む被膜で,この構造をコルク組織の中に見いだしたR.フック(1665)は,はじめて生物学的な意味で細胞cellの語を用いた。細胞壁は植物細胞および組織の形態上重要な役割を果たし,また個体の支持強度を高めている。組織を構成する場合,その構造は組織分化の初期には隣接する細胞間の中層とセルロースを主成分とする一次細胞壁からなるが,成熟するにしたがって,その内側に他の成分が加わった二次細胞壁,さらに,ある組織ではセルロースよりもキシラン(キシロースを主体とする多糖の総称)が多い三次細胞壁が形成される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さいぼうへき【細胞壁】
植物細胞や細菌の最外側にある丈夫な被膜。セルロース・ペクチンを主成分とする後形質で、細胞を保護し、その形状を保持する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

細胞壁
さいぼうへき
生物の種類、細胞の種類を問わず、細胞はすべてその最外表面に糖が結合しており、この種の層を細胞外被とよぶ。糖は単糖、少糖の場合もあるが、多糖質となっている場合もある。とくに細菌類、粘菌類を除く大部分の菌類、藻類、および陸上植物(コケ植物、シダ植物、種子植物の総称)では、数種類の多糖質が形成されて、よく発達した細胞外被の層となっている。このように多糖質を主成分としてよく発達している細胞外被をとくに細胞壁とよぶ。細胞壁は、古くは細胞膜とよばれていたが、現在では、細胞外被の発達の程度にかかわらず、すべての細胞の細胞外被のすぐ内側に、厚さ10ナノメートルのごく薄い膜のあることがわかったため、これを細胞膜とよび、細胞壁とは区別するようになった。人為的に原形質分離をおこさせたり、酵素で細胞壁を溶解して取り除いたりすると、細胞壁の内側に、それとは独立に細胞膜のあることが確かめられる。
 細胞壁はいろいろの多糖質からできているが、大きく分けると、酸性の多糖質と中性の多糖質とになる。酸性多糖質は、陸上植物と緑藻植物ではペクチン(ポリガラクトウロン酸)、褐藻植物ではアルギン酸、紅藻植物ではキシラン、マンナン、ガラクタンの硫酸エステルなどであり、菌類ではマンナンのリン酸エステルが知られている。細菌類ではムラミン酸が代表的な酸性多糖質である。なお、酸性多糖質は、細胞外被が細胞壁として発達していない動物細胞の細胞外被にもかならず含まれているため、一般に細胞外被の本質的な物質であるということができる。細胞壁ではこれらの酸性多糖質のほかに、セルロース、キチンのような比較的単純な組成の多糖質、一括してヘミセルロースと総称されるさまざまの六炭糖、五炭糖からなる混成多糖質、およびタンパク質が付加されている(いずれも中性多糖質)。
 多糖質はすべて枝分れの少ない鎖状の高分子であるが、細胞壁の中ではセルロース以外はすべて互いに結合しあって大型の籠(かご)状の超高分子の状態になっている。なお、タンパク質も糖タンパク質であり、これには酵素も含まれている。
 以上は一次壁の性質であるが、維管束の道管、仮道管、厚膜細胞などでは、さらにリグニン、スベリン、クチンなどが沈着して二次壁となっている。これらはきわめて安定な高分子化合物である。リグニンの沈着は植物組織のいわゆる木化の原因となっている。[佐藤七郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいぼう‐へき サイバウ‥【細胞壁】
〘名〙 植物細胞の最外層をおおう多糖質の膜。細胞を保護し、その形を保たせる役割を持つ。古くは細胞膜と呼ばれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細胞壁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

細胞壁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.