Rakuten infoseek

辞書

細み【ホソミ】

デジタル大辞泉

ほそ‐み【細み】
蕉風俳諧の根本理念の一。作者の心が対象にかすかに深く入り込んでとらえる美、およびそれが繊細微妙に表現される境。→寂(さび)撓(しおり)軽み

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほそみ【細み】
蕉風俳諧美的理念の一。作者の心が対象の微妙な生命の急所にしみとおってゆき,そこに風雅の伝統の細き一筋を感得すること,およびその感得したものを句ににないこむ気味合いをいう。去来は〈細みは便りなき句にあらず。……細みは句意にあり〉(《去来抄》)といい,芭蕉が路通の〈鳥共も寝入てゐるか余吾(よご)の海〉という句を〈此句細みあり〉と評したと伝えている。早く中世においては俊成などが〈心深し〉〈心細し〉という評語をしきりに用い,作者の思い入る心の深さ,細さを称美しているが,連歌でも心敬がこれを承けて〈秀逸と侍ればとて,あながちに別の事にあらず。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほそみ【細み】
蕉風俳諧の根本理念の一。句に詠む対象に対する作者の深く細やかな心の働き。また、その心のはたらきにより表現された俳諧性を伴った繊細な情趣。 → かるみさびしおり

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

細み
ほそみ
芭蕉俳諧(ばしょうはいかい)の美的理念。「さび」の類縁美の一つ。歌論、連歌(れんが)論における「細し」の美と関係がある。藤原俊成(しゅんぜい)、心敬(しんけい)は、心の「細し」を志向し、藤原定家、二条良基(よしもと)は、姿の「細し」を志向した。芭蕉の「細み」は、心と姿の両方を止揚した美である。芭蕉の弟子たちのなかで、「細み」をもっとも熱心に説いたのは許六(きょりく)であるが、その許六の「細み」論を総合すると、「細み」とは、「閑寂」と絡み合った「悲しび」を、繊細な心で味わい、繊細微妙に表現することをいったようである。従来、対象を把握する心の動きのみが注目されてきたが、心の色合い(悲しび)も、また「細み」の重要な要素である。芭蕉は、路通(ろつう)の「鳥共も寝入(ねいり)て居(ゐ)るかよごの海」の句を、「此(この)句細みあり」(去来抄)と評している。[復本一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほそ‐み【細み】
〘名〙 (「み」は接尾語) 芭蕉の俳諧の根本理念の一つ。作者の細く微かに深く対象に観入していく詩心によって表現された繊細微妙な句境。「さび」「しおり」と並称される。
※俳諧・去来抄(1702‐04)修行「しほりは憐なる句にあらず、細みは便りなき句にあらず、しほりは句の姿にあり、細みは句意にあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細み」の用語解説はコトバンクが提供しています。

細みの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.