Rakuten infoseek

辞書

【かさね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かさね
邦楽曲名。 (1) 歌舞伎舞踊曲。清元節。本名題『色彩間刈豆 (いろもようちょっとかりまめ) 』。文政6 (1813) 年江戸森田座『法懸松成田利剣 (けさかけまつなりたのりけん) 』の二番目除幕に3世尾上菊五郎 (累) と7世市川団十郎 (与右衛門) によって初演。累の父の助 (すけ) を殺した与右衛門とそうとは知らずに心中しようとした累が,父の恨みによって醜婦となり,与右衛門に惨殺されるという怪談。鶴屋南北作。2世松井幸三作詞。1世清元斎兵衛作曲。藤間大助振付。 1920年,東京歌舞伎座における6世尾上梅幸による復活後,流行曲となる。原作に近づけた6世菊五郎の型を流布している。 (2) 新内節『鬼怒川物語』の通称『累身売り』の略。安永 (1772~81) 頃,1世鶴賀若狭掾作曲といわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かさね【累】
承応・寛文(1652~1673)ごろ、下総(しもうさ)の羽生(はにゅう)村にいたという醜女(しこめ)。夫与右衛門に殺され、その怨念は一族にたたったという。歌舞伎浄瑠璃に脚色され、近世演劇に累物(かさねもの)という一系統を形成している。
歌舞伎舞踊清元。本名題「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」。松井幸三作詞、初世清元斎兵衛作曲。文政6年(1823)江戸森田座で、「法懸松成田利剣(けさかけまつなりたのりけん)」の二番目序幕として初演。
新内節義太夫節伊達競阿国戯場(だてくらべおくにかぶき)」などの詞章を転用したもので、「身売」「土橋」「法印場」の三段からなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

るい【累】
他から受ける災い。巻き添え。迷惑。「一族にが及ぶ」「将来にを及ぼす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

るい【累】[漢字項目]
常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢)
次々とつながり重なる。つみ重ねる。「累加累計累日累積累代累卵累累
回を重ねて。しきりに。「累次累進
かかわり合いになる。足手まとい。「係累俗累煩累連累
[名のり]たか

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かさね【累】
歌舞伎舞踊。清元。本名題《色彩間苅豆(いろもようちよつとかりまめ)》。1823年(文政6)6月江戸森田座で,4世鶴屋南北作《法懸松成田利剣(けさかけまつなりたのりけん)》の二番目序幕として初演。作詞松井幸三,作曲初世清元斎兵衛。配役は与右衛門を7世市川団十郎,累を3世尾上菊五郎。絹川与右衛門は腰元の累と結ばれたが,出世のために女を捨て出奔。木下(きね)川堤で累に追いつかれいったんは心を和ませるが,そのとき川辺にどくろが流れ寄る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かさね【累】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かさね【累】
怪談の主人公。下総国羽生はにゆう村の百姓の妻。嫉妬深い醜婦で夫に殺され、死後一族にたたったという。この話を脚色したものに歌舞伎「伊達競阿国戯場だてくらべおくにかぶき」、清元「色彩間苅豆いろもようちつとかりまめ」などが有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

るい【累】
好ましくないかかわり。悪い影響。迷惑。 「友人にまで-を及ぼす」 「一家眷属に-が及ぶ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かさね
伝説上の女性、およびこれを脚色した戯曲の通称。伝説は下総(しもうさ)国羽生(はにゅう)村(茨城県常総(じょうそう)市)法蔵寺に伝わる因縁話で、承応(じょうおう)~寛文(かんぶん)(1652~73)ごろ、醜婦の累が嫉妬(しっと)深さのため夫与右衛門(よえもん)に殺され、その怨念(おんねん)が一族にたたったが、祐天上人(ゆうてんしょうにん)の祈りで解脱(げだつ)したというもの。これを素材に多くの歌舞伎(かぶき)脚本、浄瑠璃(じょうるり)がつくられ、「累物(かさねもの)」とよばれる一系統になった。最初の作といわれるのは津打治兵衛(つうちじへえ)の『大角力藤戸源氏(おおずもうふじとげんじ)』(1731)。その後、「身売りの累」とよばれる『伊達競阿国戯場(だてくらべおくにかぶき)』(1778・初世桜田治助(じすけ)作)をはじめ多くは伊達騒動に織り込まれて脚色、江戸後期には怪談劇の要素も強くなった。その代表作は4世鶴屋南北(なんぼく)の『阿国御前化粧鏡(おくにごぜんけしょうのすがたみ)』(1813。通称「湯上りの累」)および『法懸松成田利剣(けさかけまつなりたのりけん)』(1823)などで、後者の序幕道行(みちゆき)『色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)』は清元の舞踊「かさね」として大いに流行している。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

累の関連情報

関連キーワード

ペグマタイトサウジーアドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章サウジー式亭三馬バイロン

他サービスで検索

「累」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.