Rakuten infoseek

辞書

紫宸殿【ししんでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紫宸殿
ししんでん
「ししいでん」とも読む。南殿 (なでん) ともいう。平安京内裏 (だいり) の正殿朝賀公事を行うところで,大極殿の退廃後は即位などの儀式もここで行なった。南面神明造檜皮葺で,殿の中央北寄りに玉座を設け,その北に中国の制にならい漢唐の名臣 32人の肖像を描いた賢聖障子 (けんじょうのしょうじ) がある。殿舎前庭には左近の桜右近の橘が植えてある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ししい‐でん【紫宸殿】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ししん‐でん【紫宸殿】
平安京内裏の正殿。即位朝賀節会(せちえ)などの諸種の儀式や公事(くじ)を行った。入母屋造(いりもやづく)りで南面し、中央の階の左右に左近の桜右近の橘(たちばな)がある。殿内中央に高御座(たかみくら)御帳台(みちょうだい)があり、その後方に賢聖障子(けんじょうのそうじ)が立つ。南殿(なでん)。前殿。ししいでん。→十七殿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ししんでん【紫宸殿】
内裏の正殿。〈ししいでん〉とも読む。内裏の南部分にある第1の御殿で,南殿(なでん),南大殿,前殿,正寝,正殿ともいう。はじめは節会,季御読経(きのみどきよう),立后,立太子天皇元服等の通常の公事が行われたが,大極殿(だいごくでん)の廃亡とともに即位や大嘗会(だいじようえ),朝賀等重要な儀式も行われるようになった。内裏のほぼ中央の位置に仁寿殿(じじゆうでん)があり,その南にあるのが紫宸殿で,南に広い白砂の南庭をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ししいでん【紫宸殿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ししいでん【紫宸殿】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ししんでん【紫宸殿】
〔「ししいでん」とも〕
内裏の正殿。南面して建つ入母屋いりもや造り檜皮葺ひわだぶきの建物。正面九間の母屋の四方に廂ひさしを設け、母屋と北廂の間に賢聖障子けんじようのそうじを入れる。もと日常の政務を議する所であったが、大極殿だいごくでん焼失後は即位などの儀式も行うようになった。南殿なでん。前殿。現在の京都御所のものは1855年の造営。 → 内裏

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

紫宸殿 (シシンデン)
学名:Biota olientalis var.ericoides
植物。ヒノキ科の常緑針葉低木

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ししい‐でん【紫宸殿】
(「で」の前の撥音の鼻母音化にはじまるよみくせ) =ししんでん(紫宸殿)
拾芥抄(13‐14C)中「南殿云紫宸殿(シシイデン)
説経節あいごの若(山本九兵衛板)(1661)初「ししいでんまでみゆき有、本のだいりへくゎんがう有」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ししん‐でん【紫宸殿】
[一] 古く、中国の禁中にあった殿舎の名。〔唐会要‐巻三〇・大明宮〕
[二] 内裏正殿。神明造りの殿舎で南面し、中央に一八段の階があり、その前方左右に桜と橘(たちばな)の木が植えられてある。殿内の中央には御帳台があり、その後方に賢聖障子(けんじょうのそうじ)をもつ。即位、朝賀、節会(せちえ)などの公式の儀式を行なった。南殿(なでん)。前殿。ししいでん。
※続日本後紀‐天長一〇年(833)三月壬寅「天皇御紫宸殿。賜群臣酒。有囲碁之興
※高野本平家(13C前)四「大極殿なからん上は、紫震殿(シシンテン)にてこそ御即位はあるべけれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫宸殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紫宸殿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.