Rakuten infoseek

辞書

紡錘車【ぼうすいしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紡錘車
ぼうすいしゃ
織物の繊維を紡ぐために用いられた道具。大きさは径約 5cmで中央に撚棒を通す孔があき,円盤形,截頭円錐形を呈している。土,石,骨,金属などでつくられている。紡錘車の存在は織物の普及を示すもので,日本では弥生時代前期頃に大陸から伝来した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

紡錘車
 をつむぐときに使うはずみ車です。中央の穴に棒をとおして使います。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうすいしゃ【紡錘車】
糸に撚り(より)をかけるための道具で,こまの軸棒を長くしたような形態をしている。円板半球,球などの形をした粘土,石などの中心に穴をあけ,これに上端フック状にした細長い木または竹製の棒をさしこんである。繊維束にフックを引っかけて垂下させ,軸を指先で回転させて撚りをかける。できた糸をフックから外して軸に巻き取り,以上の操作を繰り返して連続した糸を作る。円板などは軸を安定に持続して回転させるためのはずみ車で,おもり(錘)の役目も果たす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうすいしゃ【紡錘車】
紡錘に用いるおもりの円盤。弾み車を兼ねる。中心の穴に木の棒を通して回転させる。日本では弥生時代以降の各期に土製・石製・骨製の遺例がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紡錘車
ぼうすいしゃ
spindle whorl
繊維に撚(よ)りをかけ糸を紡ぐ用具。テスリツムとよばれる。直径6~7センチメートル、重さ50~70グラムほどの木製のはずみ車に、長さ約30センチメートルの鉄製の軸棒をつけたもの。軸棒の先端を鉤(かぎ)状に曲げ、そこに繊維の端をかけ、木の台上にテスリツムをのせ、テシロという木片で軸棒をこすって回転させると撚りがかかり、糸ができるので、それを巻いていく。新石器時代以降、世界各地で使用され、日本では弥生(やよい)時代以降に土・石製や骨・角(つの)製のものが用いられ、『石山寺縁起』絵巻などにも使用状況が描かれている。江戸初期ごろ、木綿を紡ぐ糸車が中国から伝来して以来、とってかわられるが、漁村や山村などでは、麻やイラクサなどの繊維に撚りをかけるのに、昭和初年まで使用されてきた。[木下 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼうすい‐しゃ バウスイ‥【紡錘車】
〘名〙 糸つむぎの器具。円盤形・円錐台形・そろばん玉形などの形がある。彌生時代には円盤形の土製・石製のもの、古墳時代には円錐台形の碧玉滑石製のものが出土する。そろばん玉形は中国・朝鮮の金属器文化にみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紡錘車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紡錘車の関連情報

他サービスで検索

「紡錘車」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.