Rakuten infoseek

辞書

紡織【ボウショク】

デジタル大辞泉

ぼう‐しょく〔バウ‐〕【紡織】
糸をつむぐことと、を織ること。「紡織機」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうしょく【紡織】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうしょく【紡織】
糸を紡ぎ、布を織ること。 -機

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐しょく バウ‥【紡織】
〘名〙 をつむぐことと、機(はた)を織ること。紡績と機織。
※航米日録(1860)五「織は人力に資らず、多く水力を用ゆ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

紡織
ボウショク
spinning and weaving

繊維を糸に紡ぐ紡績工程と,紡績糸やフィラメント糸などを用いて布を製織する工程をいう.天然繊維の綿,羊毛,麻を紡績する綿紡績,毛紡績,麻紡績がそれぞれの繊維に適合した形態に発展してきたが,化学繊維の出現とその発達によって,化学繊維の混紡,単独の紡績がはじまり,形態が変化してきた.紡績は基本的には繊維中のごみなどの夾(きょう)雑物および紡績できない短繊維を除いて,繊維塊をよく解きほぐして,平行に引きそろえ,しだいに細いひも状の繊維集合体にして,最終的に必要な太さにし,よりを加え紡績糸とする.その工程は,自動化,連続化,高速化,省力化が急激に進んでいる.化学繊維では,工程を省略し,単純化,高能率化した方式が用いられる.スプリットヤーンに代表されるように,紡績を用いず,高分子フィルムより直接的に糸にする方式およびフィラメント糸の加工を高度化する方式もある.製織は糸から布を形成する過程であり,広義にはメリヤスも含む.布や製造する基本機構には大きな変化はないが,高速化,低騒音化,自動化は進んでいる.メリヤスは高速化が比較的容易であるとともに風合いに特徴があり,高速多様化が進み,生産量が増大している.一方,織らずに布状体を製造する各種の不織布も大きく発展しているが,編織製品である布とは構造上基本的な相違がある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紡織」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紡織の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.