Rakuten infoseek

辞書

紡績【ボウセキ】

デジタル大辞泉

ぼう‐せき〔バウ‐〕【紡績】
[名](スル)
《古くは「ほうせき」とも》糸をつむぐこと。動植物などの繊維を処理・加工して糸にすること。
紡績糸」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうせき【紡績 spinning】
天然繊維や化学繊維で作られたステープルファイバー(短繊維)など比較的短い繊維の集合体を解きほぐし,連続したひも状のスライバー(撚り(より)をかけない繊維束で,日本では(しの)と呼ばれる)を作った後,これを引き伸ばして細くし,撚りをかけて糸を作る一連の作業。昔は真綿その他の繊維塊から指先で繊維を引き出し,これに撚りをかけて糸を作ることを〈紡ぐ〉といい,麻,カラムシ(チョマ)などを細く裂いてつなぎ,撚り合わせることを〈績む(うむ)〉といった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうせき【紡績】
スル
短い繊維を平行に並べ、引き伸ばして撚りをかけ、一本の糸にすること。 鉱山を開掘し綿毛を-する等…/露団々 露伴
「紡績糸」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紡績
ぼうせき
短い繊維に操作を加えて長い糸につくること。天然繊維のほか、化学繊維をステープルの状態にして紡績する。
 紡績の方法は繊維によって多少の差はあるが、共通する基本的操作は次のとおりである。(1)不純物の除去 種子、茎、枝、土砂などは普通、機械的な方法によって除去する。羊毛の油脂分、麻のペクチン質、絹のセリシンなどは、温湯・薬品などを使う精練によって除去する。(2)短繊維の除去 短繊維は糸にむらをつくり、強さを低めるので、混打綿機、開毛機、カード・コーマなどの機械で除去する。(3)開繊 原料のかたまりを分けほぐして、不純物を除去しやすいよう、また紡績しやすいようにする。(4)スライバー製造 カードによって帯状の長いスライバー(篠(しの))にする。(5)延伸 スライバーを引き伸ばして太さを細くし、繊維の配列を整える。(6)加撚(かねん)および巻取り 細くしたものに撚(よ)りを加えて糸とし、適宜の大きさに巻き取る。(7)糸の仕上げ できた糸を円筒形のチーズや綛(かせ)の形に巻き返す。このあと2本あわせて撚りをかけて双糸にしたり、ガスで毛羽を焼き切ってガス糸にしたりする。[石川章一]

種類

天然繊維では、綿、毛、麻、絹がおもで、綿紡績、毛紡績、麻紡績、絹紡績として発達した。綿紡績には、普通のもののほか、高級品をつくるためのコーマを使う紡績や、くずなどを原料とする落綿(らくめん)紡績がある。毛紡績には、優良な長い毛を使って細い糸をつくる梳毛(そもう)紡績と、短い毛で太い糸をつくる紡毛紡績がある。
 麻紡績にはその原料別に亜麻(あま)紡績、ラミー紡績、ジュート紡績などがあり、絹紡績は生糸にできない屑繭(くずまゆ)や再生絹糸を用いる。化学繊維の紡績は天然繊維と混紡する場合に、それぞれ綿紡式、梳毛式、麻紡式、絹紡式などが応用される。また、化学繊維だけの場合は、短い繊維のときは綿紡式、長い繊維のときは梳毛式である。[石川章一]

歴史

紡績は古代から手工的に行われ、手のひらや指で撚りをかけて糸としたものがもっとも古い形である。糸に撚りをかけるために回転させ、糸を巻き取るための紡錘(つむ)は古くから案出されており、紡績機械のなかではいちばん古い。この原始的な方法としては、握り錘(つむ)、転がし錘、つるし錘の方法がある。いずれも手、指、股(また)などを利用する手工的なもので、握り錘による方法は、錘の長い軸の先端に篠を結び付け、篠を引き伸ばしながら錘を両手で握って回転させて糸をつくり、できた糸を適当なものに巻き付ける。転がし錘による方法は、先端に篠を結んだ錘を地面に差し込み、これを右手のひらと左手のひらと股・すねなどで転がして撚りを加え、左手で適当に引き伸ばし、できた糸を錘に巻き付ける。つるし錘の方法では、小形の錘を空中につるして先端に篠を結び、錘を手で回転させて、その重みによって延伸し撚りを加える。何回か繰り返して糸が長くなり、錘が地面に届いたら糸を錘に巻き付ける。このように錘を直接手で回すことは、中世の紡車の発明によって変わる。手で回す大きな車によって、紐(ひも)で錘に取り付けた小さい車を速く回し、片方の手で篠を持ち、その位置を適当にとることによって、篠に回転と延伸を与えて糸とする。適当な長さになったとき糸を錘に巻き付ける。交互にこの操作を行って紡績するこの方法は、比較的近世まで世界各地に行われ、日本でも江戸時代までこのような紡車(ぼうしゃ)が使われていた。
 このあと、撚りを加えることと、糸を巻き取ることを同時に行う方法が考えられ、錘に腕(フライヤー)を取り付け、また錘に糸を巻き取る木管(ボビン)をはめ、両者に異なる回転を与えて撚りと巻き取りを行わせるようにしたのは、レオナルド・ダ・ビンチであったといわれ、その原理によるサクソニー紡車と称する方法がヨーロッパで実用化され、広く普及した。
 18世紀になると織機の進歩が著しく、それが紡績の改良を促し、機械紡績は発達を続け現代に至っている。[石川章一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐せき バウ‥【紡績】
〘名〙
① (古くは「ほうせき」とも) 糸をつむぐこと。綿花・羊毛・麻などの繊維を加工して糸にすること。
※神皇正統記(1339‐43)中「女子は紡績(ハウセキ)をこととしてみづからもき」 〔史記‐平準書讚〕
※コブシ(1906‐08)〈小杉天外〉前「性の脱けた紡績(バウセキ)の寝衣(ねまき)の肩を尖らして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紡績」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紡績の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.