Rakuten infoseek

辞書

紡毛織物【ぼうもうおりもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紡毛織物
ぼうもうおりもの
ヒツジなどの短い毛で作った紡毛糸を用いる織物総称。製造工程で,縮絨加工し,起毛して刈りそろえるので,毳 (けば) 立っており,表面に織り目の出ないものが多い。糸の種,柄合せ,仕上げ方法などによって種類が多い。メルトンドスキンツイードホームスパンサクソニーフランネル,ビーバークロス,ベロア,チンチラ,ビクーニャ毛布などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼうもう‐おりもの〔バウモウ‐〕【紡毛織物】
紡毛糸または紡毛糸主体の混紡糸を用いて織った毛織物の総称。ツイードフラノメルトンラシャなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうもうおりもの【紡毛織物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうもうおりもの【紡毛織物】
紡毛糸、またはこれにほかの糸を交ぜて織った毛織物。ラシャ・ネル・毛布など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紡毛織物
ぼうもうおりもの
woollen fabric
比較的短い羊毛類を紡績した、けばの多い紡毛糸を使って織った毛織物の総称。もともと毛織物は1種類のみであったが、紳士用などの高級品にあてる梳毛(そもう)織物を分けることにより優劣の2種類の織物に分化することになった。それは不要になった毛をなんとか再利用することから始まった。そのため使用繊維は、まず原毛の段階で、梳毛織物と紡毛織物に使用するものとに選別するが、後者の短繊維を使用することとし、それを主体にして、その他の雑繊維を混紡することで補っている。そのため織物を構成する繊維は、互いに錯綜(さくそう)して種々の方向に配列しているので、外観は毛羽立ち、光沢も乏しいけれども、柔軟性をもち、縮絨(しゅくじゅう)性にも富んでいるので、縮絨、起毛を施して、織り立てたときの外観を変えるように仕上げる。梳毛織物よりも安価であるので、柄・色調に重点を置く婦人子供服地に使われ、スコッチ、ツイード、フラノ、メルトン、ベロア、羅紗(らしゃ)、毛布などがある。[角山幸洋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼうもう‐おりもの バウモウ‥【紡毛織物】
〘名〙 紡毛糸を用いて織った織物。ラシャ・毛布・ネルなどの類。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紡毛織物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紡毛織物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.