Rakuten infoseek

辞書

【ス】

デジタル大辞泉

す【素】
[名]
装わないで生地(きじ)のままであること。また、他のものが加わらないでそのものだけであること。「化粧せずのままで店に出る」
日本の音楽・舞踊・演劇などの演出用語。芝居用の音楽を芝居から離して演奏会風に演奏したり、長唄を囃子(はやし)を入れないで三味線だけの伴奏で演奏したり、舞踊を特別の扮装(ふんそう)をしないで演じたりすること。「で踊る」「で浄瑠璃を語る」
[接頭]
形容詞に付いて、非常に、ひどく、の意を表す。「ばしこい」「早い」
名詞などに付く。
㋐平凡な、みすぼらしい、などの意を表す。「浪人」「町人」
㋑ただそれだけの、ありのままの、純粋な、などの意を表す。「顔」「足」「うどん」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す【素/蘇】[漢字項目]
〈素〉⇒
〈蘇〉⇒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【素】
染めてない絹。白絹。
数学で、二つの数・式の一方がそれぞれ他で整除できない関係にあること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【素】[漢字項目]
[音](漢) (呉) [訓]もと もとより
学習漢字]5年
〈ソ〉
染めてない絹。白絹。「素絹縑素(けんそ)
白い。白。「素衣素雪緇素(しそ)
生地のままで手を加えてない。飾りけがない。「素材素質素朴簡素質素
物事を成り立たせるもと。根本になるもの。「素因素地素粒子元素色素毒素要素
もとからの。ふだんの。「素行素志素養平素
伴うべきものがない。「素餐(そさん)素封家
簡単な。「素読素描
元素の名に用いる語。「塩素酸素水素炭素
〈ス〉
地のままで何もつけていない。「素足素顔素手素肌素面(すめん)
地位など何も持っていない。「素町人素浪人
[名のり]しろ・すなお・もと
[難読]素湯(さゆ)素面(しらふ)素人(しろうと)素麺(そうめん)素見(ひやか)す

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

す【素】
日本の音楽や舞踊で用いることば。〈素〉の意味はもともと,飾り気がなく,それ自身ということで,音楽の面では〈素唄(すうた)〉〈素謡(すうたい)〉〈素浄瑠璃〉〈素語り〉〈素で演奏する〉などと用いられる。長唄に関していえば,芝居から離れた純演奏会様式のものを〈素唄〉といい,また囃子なしで,三味線伴奏だけで奏することを〈素〉ともいう。能では伴奏なしにうたうことを〈素謡〉と称するし,浄瑠璃では,人形芝居や歌舞伎から離れ,演奏会様式で純粋に音楽を味わうものを〈素浄瑠璃〉,三味線の伴奏なしに浄瑠璃を語ることを〈素語り〉などと呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

す【素】
[1][0] ( 名 )
他のものが付け加わらず、そのものだけの状態。 「 -のままの顔」 「姫はいつも-なる底深き目なざしもて/浴泉記 喜美子
( 接頭 )
名詞に付く。
他のものがまじらずそのものだけ、ありのままであることを表す。 「 -顔」 「 -肌」 「 -うどん」 「 -泊まり」
みすぼらしい人、平凡であるなど軽蔑の意を添える。 「 -町人」 「 -浪人」
形容詞などに付いて、普通の程度を超えている意を添える。 「 -早い」 「 -ばしこい」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【素】
染色していない、白地のままの絹。
〘数〙 ⇒ たがいに素

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

す【素】
[1] 〘名〙
① 他の要素がつけ加わらない、ありのままのさまをいう。そのままであること。他の語と複合して、「素肌」「素手」「素足」「素顔」「素焼」などと用いることもある。
※志不可起(1727)「何によらずかざりつくろひのなきを、すのままなど云、素の字也」
※歌舞伎・三千世界商往来(1772)口幕「素(ス)で貸しては、踏まれる事が、みすみす見えてあるわいの」
② 邦楽用語。本式の演出に対する略式の演出。芝居用の音楽を芝居から離して純演奏会風に演奏したり、鳴物入りの長唄を三味線だけの伴奏で演奏したり、伴奏入りの声曲を無伴奏でうたったりすること。→素語り素謡(すうたい)素唄
③ 日本舞踊で、特別な扮装(ふんそう)をせず、黒の紋付に袴(はかま)、または着流しで踊ること。素踊り。
[2] 〘接頭〙 名詞などの上に付けて用いる。
① 多く人を表わす語に付いて、平凡である、みすぼらしいなど軽べつの意を添える。「素町人」「素浪人」など。
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)下「す奴め邪魔ひろぐか。そこ退て勝負させい」
② ただ、それだけである、他の要素が加わらない意を添える。「素一分」「素一本」など。
③ 状態や様子を示す語の上に付けて、そのさまを強調する意を添える。「素寒貧」「素早い」「素頓狂」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すっ【素】
〘接頭〙 名詞・動詞・形容動詞の上に付いて、下にくる語の意味を強調する。東京語はじめ関東で多く用いられる俗な言い方。「すっとんきょう」「すっ影」「すっとぶ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【素】
〘名〙
① 彩色を施してない生地。しろぎぬ。生絹
※雑俳・軽口頓作(1709)「時による・素を引事も浦の網」 〔古詩‐為焦仲卿妻作詩〕
② 白色。白。
※菅家文草(900頃)一・翫秋花「素片還慙芳意素、紅房温対酔顔紅」 〔詩経‐召南〕
③ かざりけのないこと。いつわりのないこと。また、素直なこと。
④ もって生まれたもの。本質的なもの。どだい。したじ。たち。
※華族の海外留学を奨励し給へる勅諭‐明治四年(1871)一〇月二二日「女教の素あるを暁り、育児の法をも知るに足るべし」 〔呂氏春秋‐審分覧〕
⑤ 平生。つね。日常。平素。
※玉葉‐寿永二年(1183)六月九日「客星変異之時上奏、先年若其事黙止者、此時可遂歟、於旨趣者、偏在叡慮、但政道之反素、是其肝心也」
⑥ 数学で、数または整式の関係の一つ。いくつかの数または整式のどの二つの最大公約数も1のとき、それらの数または整式は互いに素であるという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ‐・す【素】
〘自サ変〙 ある状況に臨む。際する。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉一一「貧賤に素しては貧賤に処し〈略〉一切の境に入るとして自得せざるなきは君子のことである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素の関連情報

他サービスで検索

「素」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.