Rakuten infoseek

辞書

素謡【すうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

素謡
すうたい
謡の演奏形式の名称。囃子所作を伴わずにだけを演奏するもの。紋付に袴または裃 (かみしも) を着た演者台に2列に並んでうたう。地謡の並ぶなかにシテ,ワキなどの役者も連なった形で,シテは地頭 (じがしら) を兼ねることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

す‐うたい〔‐うたひ〕【素謡】
能の略式演奏の一。囃子(はやし)も舞もなく、謡曲だけを正座して謡うこと。1曲全部を謡う番謡(ばんうたい)と、一部分を謡う小謡(こうたい)とがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すうたい【素謡】
能の用語で略式の上演形式の一つ。能は,(声楽),囃子(器楽),所作(身体動作)の三つの演技要素を主としているが,そのうちの謡部分のみを奏することをいう。謡本に従って全曲奏されるが,アイの部分はつねに省略され,ワキツレの部分の省略もある。また,上演時間短縮のために,〈クリ・サシ・クセ抜き〉というような大幅な省略が行われることもある。演者は紋付袴姿で,シテ,ツレ,ワキ,地謡などに分かれて演奏するが,つねにシテ方(またはワキ方)だけで奏され,囃子方など他の専門の役は参加しない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すうたい【素謡】
囃子はやしや舞を伴わずに、ただ謡だけをうたうこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

素謡
すうたい
能の略式演奏の一つ。型、囃子(はやし)を加えず、謡だけを演奏すること。番謡(ばんうたい)ともいう。リズムの規制のやかましい能の場合と異なり、謡の節の味わいを優先させた謡い方が普通。シテ・ワキなどの役を分担するが、ワキ・ワキツレの役はシテの流儀で謡い、間(あい)狂言の役は省略され、間狂言との対話の部分も謡われない。演能から疎外された町人階級も素謡の稽古(けいこ)は自由であったから、江戸時代から素謡専門の師匠が生まれ、大いに流行をみ、素謡用テキストである謡本(うたいぼん)の刊行はおびただしい数に上った。謡本と扇さえあれば比較的簡便に習得できるため、能の鑑賞とは別個の形で、今日も各地に盛んである。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

す‐うたい ‥うたひ【素謡】
〘名〙 鼓、笛などの囃子(はやし)や舞を伴わないで、謡曲だけをうたうこと。
※俳諧・俳諧勧進牒(1691)下「すうたひや火燵のふちを拍子取(とり)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素謡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素謡の関連情報

他サービスで検索

「素謡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.