Rakuten infoseek

辞書

素襖【すおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

素襖
すおう
単 (ひとえ) 仕立ての直垂 (ひたたれ) 。素袍とも書く。別名革緒の直垂。室町時代にできた男子用和服の一つで,当時は庶民が着用していたが,直垂や大紋の着用階級が定められた江戸時代に,平士 (ひらざむらい) ,陪臣礼服となった。布地で,胸菊綴 (きくとじ) ,露を革緒にし,の腰 (紐) に袴と同じ地質のものを用い (直垂や大紋は白) ,うしろ腰に角板を入れる。もと小袴であったが,のち上衣と同地質で同色の長袴を正式のものとした。ここから (かみしも) の素襖,または略して裃と呼ばれるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

す‐おう〔‐アヲ|‐ハウ〕【素×襖/素×袍】
直垂(ひたたれ)一種。裏をつけない布製で、菊綴(きくとじ)や胸ひもに革を用いる。略儀所用で、室町時代は庶民も日常に着用した。江戸時代には形式化して長袴(ながばかま)をはくことが普通になり、大紋と同じように定紋をつけ、侍烏帽子(さむらいえぼし)熨斗目(のしめ)小袖を併用し、平士(ひらざむらい)や陪臣の礼服とされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

素襖
すおう
素袍とも書くが素襖が正しい。直垂(ひたたれ)の一種で、大紋(だいもん)とともに同系列の服装。いずれも江戸時代に武家の礼装に用いられたが、その順位は、直垂が最高で、次が大紋、素襖はその下で平士、陪臣(ばいしん)の料とされた。生地(きじ)は布(麻)で、仕立ては直垂、大紋とほぼ同じであるが、前二者の袴(はかま)の腰(紐(ひも))が白であるのに対して共裂(ともぎれ)が用いられ、後ろに山形の腰板が入る。また胸紐、菊綴(きくとじ)は、組紐のかわりに革が用いられ、このゆえに一名「革緒(かわお)の直垂」とも称された。背と両袖(そで)、袴の腰板と左右の相引(あいびき)のところに、紋を染め抜く。頭には侍烏帽子(えぼし)をかぶり、下には熨斗目(のしめ)の小袖を着る。素襖の一種に小素襖(こすおう)というのがあるが、これは略装で、袖が一幅(ひとの)半(素襖は二幅(ふたの))で短く、下には長袴でなく半袴をはく。[山辺知行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

す‐おう ‥アヲ【素襖・素袍ハウ
〘名〙 (歴史的かなづかいは「すあう」とも) 直垂(ひたたれ)の一種。裏のない布製を特色として、素襖の直垂といい、菊綴(きくとじ)や胸紐に革を用いて革緒の直垂ともいう。略儀の所用で、室町ごろは庶民も日常に着用した。近世に形式化して長袴が普通となり、侍烏帽子に熨斗目(のしめ)小袖を併用し、儀礼の時の平士(ひらざむらい)や陪臣の料とされた。
※明徳記(1392‐93頃か)上「皆々折烏帽子にてすわう・はかまなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

素襖
すおう
武士の常服
直垂 (ひたたれ) と同じ型の麻服。鎌倉時代には直垂の一種。室町時代に直垂に絹を用いるようになり,家紋のない麻の直垂をこう呼んだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素襖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素襖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.