Rakuten infoseek

辞書

素封【ソホウ】

デジタル大辞泉

そ‐ほう【素封】
《「史記」貨殖伝から。「」はむなしい、「」は領土》位や領土はないが、諸侯に匹敵するを持っていること。また、その人。大金持ち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そほう【素封】
史記貨殖伝から。は空しい、は封土の意
領地はもたないが富んでいて、王侯にも比すべき人。財産家。金持ち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ‐ほう【素封】
〘名〙 (「史記‐貨殖伝」の「今有秩祿之奉、爵邑之入而楽与之比者、命曰素封」による語。「素」は、もともとで、つけ加えるもののないこと。「封」は封祿(ほうろく)、封土の意) 位や領地がなくても諸侯に等しい富を持っていること。大きな資産を持っていること。また、その人。金持。金満家。財産家。資産家。素封家。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「近日、外築の盛んなる、但だ素封・豪賈ならず」
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「素封の家(うち)に成長せられしお春どのを娶(めと)って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素封」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素封の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.