Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

素子【スゴ】

デジタル大辞泉

す‐ご【素子】
万葉集巻頭の歌の「菜採須児(なつますこ)」を「なつむすご」と誤読したためにできた語》身分の低い者。
「鳴きすてて鹿はつれなき山おろしに―が驚くひたの音かな」〈千五百番歌合・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ‐し【素子】
基本的要素。エレメント。
電気回路や機械回路で、その構成要素として全体の機能に重要な役割をもつ個々の単位部品。
電信符号で、符号を構成する短点と長点。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

す‐ご【素子】
〘名〙 (「万葉集‐一」の「籠もよ み籠もち ふくしもよ みぶくしもち このをかに 菜採須児」の「菜採須児(なつますこ)」を「なつむすご(菜摘賤児)」と誤読したところからできた語) 卑賤な人。いやしい身分の者。しず。下衆(げす)
※六百番歌合(1193頃)秋中・一三番「山田もるすこが鳴子に風触れてたゆむ眠を驚かすなり」 〔和訓栞(1777‐1862)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ‐し【素子】
〘名〙
① 基本的要素。エレメント。
② 電気機器や回路などを構成する単位部品。
③ 電信符号で符号を構成する短点および長点。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

素子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.