Rakuten infoseek

辞書

【きゆう】

デジタル大辞泉

きゅう〔キフ〕【級】
[名]
物事を上下の地位・段階に分ける区切り。階級。等級。「柔道のが上がる」
学校で、同一の学年。また、学級。組。クラス。「彼はぼくより一つが上だ」
写真植字文字の大きさの単位。一級は4分の1ミリ。
[接尾]
名詞に付いて、その程度であることを表す。「国宝の重要文化財」
珠算や柔・剣道など、技能の段階に応じて免許状を発行するようなものについて、その程度・段階などを表すのに用いる。「珠算三」「二整備士」
軍艦や自衛隊の艦船における同型艦のまとまりを表す。一般に、その級で最初に建造された艦の名を冠する。「超」「ニミッツ航空母艦」
助数詞。
㋐学校で学級を数えるのに用いる。「一学年を五に分ける」
㋑階段の一つ一つを数えるのに用いる。
「入口の石段を二三―上ると」〈芥川・仙人〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゅう【級】[漢字項目]
[音]キュウ(キフ)(呉)(漢) [訓]しな
学習漢字]3年
一段一段と区切られた順序。「下級階級高級初級昇級上級進級低級等級特級
学校のクラス。組。「級長級友学級原級同級
うちとった首。「首級

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きゅう【級】
[1]
学年をいくつかの組に分けたもの。組。学級。クラス。
囲碁・将棋・柔道・剣道などで、段だんに至る前の技量による等級。
写真植字文字の大きさを示す単位。一級は四分の1ミリメートル。級数。
接尾
名詞に付く。
ある規定に基づいて定められた程度・段階などを表すのに用いる。 一-建築士 珠算三-
そのものに匹敵するものであることを示す。 大臣-の大物 プロ-の腕前
助数詞。
階段の一つ一つの段を数えるのに用いる。
学校で学級を数えるのに用いる。最初は学校も上下各々十-に分れて/思出の記 蘆花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう キフ【級】
[1] 〘名〙
(イ) 段階。進歩の程度によって設けた位。等級。
(ロ) 学校で同一の学年、学級、クラス、組。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「算術の勝負や清書の点取ではややもすると敗北するが、其でも級の第一を占めて居た」
② 階段の一つ一つの段。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「階子あり、級を拾ふて上るべし」
[2] 〘接尾〙
① (中国で、秦の時代、敵の首を一つ斬れば爵一級を与えられるというところから) 戦争で斬った首の数をかぞえるのに用いる。
※幸若・本能寺(室町末‐近世初)「残る凶徒の頸をば千七百余きう」 〔史記‐平準書〕
② 学校で、学級を数えるのに用いる。
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「太田豊太郎といふ名はいつも一級の首にしるされたりしに」
③ 階段の一つ一つの段を数えるのに用いる。
※台記‐保延二年(1136)一二月一三日「主人先昇階、一級して脱履、傍東欄、四五級昇後」
珠算、柔・剣道など免許状を発行するようなものについて、程度、段階などを表わすのに用いる。また、もと酒の等級についてもいった。「珠算三級」「一級建築士」
⑤ 名詞に付けて、その程度であることを表わすのに用いる。
※星座(1922)〈有島武郎〉「おたけさん級の娘なら」
※話の屑籠〈菊池寛〉昭和八年(1933)二月「堂々として、大臣級の人だと思はれた」
⑥ 写真植字の字体の大きさをいう単位。四分の一ミリメートルを一級とする。〔実用印刷技術(1957)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

級の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.