Rakuten infoseek

辞書

【ジュン】

デジタル大辞泉

じゅん【純】
[形動][文][ナリ]まじりけや偽りのないさま。人柄や気持ちがすなおで、けがれたところがないさま。「な心」「な男」
[ト・タル][文][形動タリ]に同じ。
「―たる天保(てんぽう)度の人間だから」〈逍遥当世書生気質
[接頭]名詞や形容動詞に付いて、そのものだけ、また、その状態だけで、他の要素がまじらない意を表す。「日本ふう」「客観的な報告」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅん【純】[漢字項目]
[音]ジュン(呉)
学習漢字]6年
まじりけがない。「純益純情純真純粋純然純毛純良至純清純単純不純
[名のり]あつ・あつし・あや・いたる・いと・きよし・すなお・すみ・つな・とう・まこと・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅん【純】
( 形動 ) [文] ナリ 
ありのままで飾り気のないさま。純粋でけがれのないさま。 「 -な心」
( トタル ) [文] 形動タリ 
に同じ。 「 -たる天保度の人間だから/当世書生気質 逍遥
( 接頭 )
名詞・形容動詞などに付いて、まじりけがない、そのものだけであるなどの意を表す。 「 -日本調」 「 -大和絵風」 「 -経済的理由」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅん【純】
[1] 〘名〙 (形動ナリ・タリ)
① まじりけがないこと。また、そのさま。純粋。
※日本教育史略(1877)文芸概略〈榊原芳野〉「是純なる和流の始祖にして」
② もっぱらなこと。専一なこと。また、そのさま。純一。
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉六「是此前より、漸々元嘉暦を廃し、純に儀鳳暦を用ゐられしが」 〔書経‐酒誥〕
③ 自然のままで、つくりかざらないこと。いつわりのないこと。また、そのさま。純朴。
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉二〇「しかし時は既にかの女の小さな純な心を砕いてゐた」
④ 完備していること。完全なこと。また、そのさま。〔礼記‐郊特牲〕
[2] 〘語素〙 (名詞などの上につけて) そのものだけで、また、その状態だけで、他の要素がまじらない意を添える。
ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「宴会の一座が純客観的に僕の目に映ずる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

純の関連情報

他サービスで検索

「純」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.