Rakuten infoseek

辞書

紅葉傘【モミジガサ】

デジタル大辞泉

もみじ‐がさ〔もみぢ‐〕【紅葉傘/紅×笠】
古今集・秋下の「雨降れば笠取山のもみぢばは行きかふ人の袖さへぞ照る」から、照る日傘。日照り
中央を青土佐紙、周囲は白い紙で蛇の目に張った雨傘貞享(1684~1688)ごろから江戸に流行し、初めは日傘にしたという。
キク科多年草山地の林下に生え、高さ約90センチ。は直立し、葉は手のひら状に裂けていて、生する。夏、白色か紅紫色の花を円錐状につける。若芽食用。しとぎ。もみじそう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もみじがさ【紅葉傘】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

紅葉傘 (モミジガサ)
学名:Cacalia delphiniifolia
植物。キク科の多年草

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

紅葉傘
(通称)
もみじがさ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
紅葉傘糸錦木 など
初演
安永7.11(江戸・森田座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅葉傘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅葉傘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.