Rakuten infoseek

辞書

紅綬褒章【こうじゅほうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紅綬褒章
こうじゅほうしょう
栄典制度」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうじゅ‐ほうしょう〔‐ホウシヤウ〕【紅×綬褒章】
自分自身の危難を顧みず人命を救助した者に授与される褒章(リボン)は紅色。明治15年(1882)制定

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうじゅほうしょう【紅綬褒章】
褒章の一。自分の危険を顧みずに人命を救助した者に紅色の綬とともに授与される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勲章・褒章がわかる事典

こうじゅほうしょう【紅綬褒章】
日本の褒章(ほうしょう)の一つ。自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した人に授与する。1881年(明治14)の太政官布告第63号「褒章条例」により制定された。翌1882年、水難救助の功により青森県の工藤仁次郎に授与されたのが最初。しかし、戦後は受章者が減少し、平成に入ってからは受章者がいなくなっていた。そのため、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」で、対象者を拡大する観点から授与の要件を緩和した。以後、毎回数名程度が受章している。◇英訳名はMedal with Red Ribbon。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紅綬褒章
こうじゅほうしょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅綬褒章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅綬褒章の関連情報

他サービスで検索

「紅綬褒章」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.