Rakuten infoseek

辞書

紅白【コウハク】

デジタル大辞泉

こう‐はく【紅白】
紅色と白色。赤と白。「紅白の幕」
《源氏は白旗を、平家は赤旗を用いたところから》対抗試合などでの、伝統的な二組の組分け。赤組と白組。「一クラスを紅白に分ける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

紅白
錦鯉の一種白地緋盤(赤い模様)があるもの。もっともポピュラーな品種ひとつで、大正三色昭和三色とあわせ「御三家」と呼ばれる。模様の出かたにより「二段紅白」「三段紅白」「稲妻紅白」などと呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうはく【紅白】
赤い色と白い色。
組み合わせて、祝いごとのしるしとする。 「 -の水引」 「 -の餅」
競技などの対抗する二組みを表す。 「 -試合」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐はく【紅白】
〘名〙
① 紅色と白色。赤と白。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「得舎利一枚、大如胡麻、其色紅白、紫光四周」
※拾玉得花(1428)「ことに梅花の紅白(コウハク)の気色、是又、みやびたる見風也」 〔陳書‐高祖宣皇后伝〕
② (源氏は白旗を、平氏は紅旗を用いたところから) 源氏と平氏。源平。また、試合などで二組に分かれるときの紅組と白組。「紅白歌合戦
※忠直卿行状記(1918)〈菊池寛〉二「紅白の大仕合」
③ 水引(みずひき)の半白半紅のもの。紅と白とに染め分けた水引。
④ 紅白の餠あるいは菓子。
真空地帯(1952)〈野間宏〉六「紙につつんだせんべいと紅白をむりやりににぎらせた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅白」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅白の関連情報

他サービスで検索

「紅白」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.