Rakuten infoseek

辞書

紅渓石硯【こうけいせきすずり】

事典 日本の地域ブランド・名産品

紅渓石硯[文房具]
こうけいせきすずり
九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
延岡市で製作されている。源歳木山から切り出される美しい赤石を使用してつくられる。この赤石はきめ細かく色や石質が中国の端渓石と比べても遜色ないといわれたことから紅渓石と呼ばれるようになった。宮崎県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

紅渓石硯
宮崎県延岡市で産する赤石「紅渓石」を材料とする硯。県指定伝統的工芸品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅渓石硯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅渓石硯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.