Rakuten infoseek

辞書

紅斑【こうはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紅斑
こうはん
erythema
真皮の乳頭層が血管拡張充血によって境界鮮明な赤色を呈する病変。硝子圧により退色する。炎症性病変による紅斑は多少とも浮腫状で,ときに辺縁が軽度に隆起したり,中央部に水疱の発生を認めることがある (多形滲出性紅斑) 。また,病変の種類によっては真皮皮下組織に結節状の硬結を触れることがある (結節性紅斑) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐はん【紅斑】
炎症性の充血によって皮膚にできる、淡紅色発疹(ほっしん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうはん【紅斑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうはん【紅斑】
毛細血管の充血によって皮膚にできる赤い斑点。指で押すと退色する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紅斑
こうはん
erythema
血管の拡張によって皮膚が限局性に赤くなった状態をいう。単純性血管腫(しゅ)のように先天性のものもあるが、普通は後天性のものであって、多くは炎症性の病変によっておこる。[川村太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐はん【紅斑】
〘名〙 急性の炎症によって皮膚に生じる発疹。皮膚表面の血管が拡張、充血し、淡紅色を呈する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅斑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紅斑の関連情報

他サービスで検索

「紅斑」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.