Rakuten infoseek

辞書

約数【やくすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

約数
やくすう
divisor
自然数 mnについて,mnで割り切れるとき,すなわち mnrとなる整数 rの存在するとき,nmの約数という。負数まで考えるときは,mと-mとは互いに他の約数と考えられる。 mnが分数のときも同じように考えることもあるが,普通は整数でしか考えない。整数環と多項式環とは似た性質をもっていて,多項式についても同種の概念が考えられ,この場合は「数」ではないが,「約数」の用語を流用することも多い。 mnの共通の約数を公約数,その最大のものを最大公約数 GCMという。 GCMのMは最大共通単位 greatest common measureからきている。これはギリシア時代,mnを一般の量として,mem′,nen′ (m′,n′は自然数) とするための単位 measureとして最大のものを考えたことに由来している。そして,GCMを求める方法として,ユークリッドの互除法が生れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やく‐すう【約数】
ある整数に対して、その数を割り切ることのできる整数。⇔倍数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やくすう【約数 divisor】
自然数aが自然数bを割りきるとき,abの約数であるという。たとえば,13は52の約数である。abの約数であるとき,baの倍数である。多項式f,gに対しても,fgを割りきるとき,fgの約数であるという。【杉江 徹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やくすう【約数】
〘数〙 ある整数を割り切ることのできる整数。 a b の倍数ならば、 b a の約数である。整式の場合にも拡張されて、例えば(x +1)は(x +1)(x +2)の約数である。 ⇔ 倍数

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

約数
やくすう
整数aが整数bで割り切れるとき、つまり、a=b×cとなる整数cが存在するとき、bはaの約数であるという。このとき、aはbの倍数である。だから、約数・倍数というのは、同じ関係の別の表し方であるといえる。
 約数については、正の整数についてだけ考えることが多い。どんな整数aについても、1とその数自身aは、aの約数である。
 正の整数、たとえば、6の約数は、1、2、3、6の4個である。一般に、aの素因数分解を、a=pαqβ……tδ(p、q、……、tは違った素数、α、β、……、δは自然数)とすると、aの約数の個数は、(α+1)(β+1)……(δ+1)である。とくに、aが素数のときは2個(1とその数自身a)である。また、aが整数の平方のときは、aの約数の個数は奇数である。
 整数はどれも0の約数といえるので、0の約数は無数にあることになる。aの約数は、aの倍数の約数になっている。また、aの約数の約数は、また、aの約数である。
 正の整数aの約数の和が、もとの整数aの2倍に等しいとき、aを完全数ということがある。たとえば、6(1+2+3+6=12),28(1+2+4+7+14+28=56)がそうである。nを1より大きい自然数とするとき、2n-1が素数のとき、2n-1(2n-1)は完全数である。2個以上の整数の共通な約数が、それらの整数の公約数である。[三輪辰郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やく‐すう【約数】
〘名〙
① 整数aが整数bで割り切れるとき、bのaに対する称。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
② おおよその数。概数。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「大抵編中の記実は、精数を詳査するべきもの少く、却て其約数を較算して、心臆に存すべきもの多し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

約数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

約数の関連情報

他サービスで検索

「約数」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.