Rakuten infoseek

辞書

紀貫之【きのつらゆき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

紀貫之
きのつらゆき
[生]貞観10(868)頃
[没]天慶8(945)/天慶9(946)
平安時代前期の歌人。『土佐日記』の作者。三十六歌仙の一人。望行 (もちゆき) の子。御書所預,大内記,加賀介,土佐守などを経て従五位上,木工権頭 (もくのごんのかみ) にいたる。若くして『寛平御時后宮歌合』 (889?) ,『是貞親王家歌合』 (893) に列し,延喜5 (905) 年『古今和歌集』の撰者に任じられ,仮名序を執筆。同7年宇多院大堰川 (おおいがわ) 行幸に供奉して和歌を詠み,序を執筆,同 13年『亭子院歌合』『内裏菊合 (だいりきくあわせ) 』に出詠。延長8 (930) 年土佐守として赴任し『新撰和歌』を撰。承平5 (935) 年帰京,旅中の体験を『土佐日記』に記した。家集貫之集』がある。勅撰集入撰歌は『古今集』以下 452首に及ぶ。書は,藤原定家が臨書した貫之自筆本『土佐日記』末尾2ページが残る。その他『自家集切』『桂本万葉集』『高野切』『寸松庵色紙』などがその書にあてられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐の‐つらゆき【紀貫之】
[870ころ~945ころ]平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。大内記・土佐守(とさのかみ)などを歴任。紀友則(きのとものり)凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)壬生忠岑(みぶのただみね)古今集の撰にあたり、仮名序を書いた。著「土佐日記」、家集「貫之集」など。
大岡信評論。昭和46年(1971)刊。「土左日記」の著者であるの、フィクション作家としての才能をひもとく。第23回読売文学賞の評論・伝記賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

紀貫之 きの-つらゆき
?-945 平安時代前期-中期の歌人,官吏。
大内記,土佐守などをへて天慶(てんぎょう)8年木工権頭(もくのごんのかみ)。「古今和歌集」編集の中心となり「仮名序」を執筆。おおくの屏風(びょうぶ)歌をつくり,はじめての仮名文学「土佐日記」をかくなど,国風文化の確立におおきな役割をはたした。家集に「貫之集」があり,勅撰集入集452首。三十六歌仙のひとり。天慶8年死去。享年は78歳か79歳といわれる。
【格言など】人はいさ心もしらずふるさとは花ぞむかしのかににほひける(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きのつらゆき【紀貫之】
868ころ‐945(貞観10ころ‐天慶8)
平安前期の歌人,文学者,官人。貫之5代の祖,贈右大臣船守(ふなもり)は,桓武天皇の革新政策をたすけて平安遷都に力を尽くした偉材であったし,祖父本道の従弟有常は在原業平とともに文徳天皇第1皇子惟喬(これたか)親王を擁して,北家藤原氏と皇位継承権を争ったほどの輝かしい歴史をもっていた紀氏であったが,貫之の時代には完全に摂関藤原氏の勢力に圧倒されて,政界の表面から影をひそめていた。おそらく父望行(もちゆき)を早く失った貫之は,有常あたりから家系の誇りを教えられて成長した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きのつらゆき【紀貫之】
866?~945?) 平安前期の歌人・歌学者。三十六歌仙の一人。御書所預・土佐守・木工権頭。官位・官職に関しては不遇であったが、歌は当代の第一人者で、歌風は理知的。古今和歌集の撰者の一人。その「仮名序」は彼の歌論として著名。著「土左日記」「新撰和歌集」「大堰川おおいがわ行幸和歌序」、家集「貫之集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

紀貫之
きのつらゆき
(871?―946)
平安前期の歌人。『古今和歌集』の撰者(せんじゃ)として有名。また、『土佐日記』の作者、『新撰和歌』の編者でもある。三十六歌仙の一人。父は望行。宮中で位記(いき)などを書く内記の職などを経て、40歳代なかばでようやく従(じゅ)五位下となり、以後、930年(延長8)に土佐守(とさのかみ)に任じられるなど地方官を務めたが、最後は木工権頭(もくのごんのかみ)、従五位上に終わった。官人としてはそのように恵まれなかったものの、歌人としては華やかな存在であった。
 早く892年(寛平4)の「是貞親王家歌合(これさだのみこのいえのうたあわせ)」、「寛平御時后宮歌合(かんぴょうのおおんとききさいのみやのうたあわせ)」に歌を残すが、当時はまだそれほど目だつ存在ではなかった。『古今集』(905成立)撰者に任じられ、従兄(いとこ)友則(とものり)の死にあって指導的な役割を果たすこととなり、『古今集』の性格を事実上決定づける。集中第1位の102首を入れ、画期的な仮名序をものして、名実ともに歌界の第一人者となる。『古今集』以後の活躍は目覚ましく、そのころからことに盛行した屏風歌(びょうぶうた)の名手として、主として醍醐(だいご)宮廷関係の下命に応じて多数を詠作した。907年(延喜7)の宇多(うだ)法皇の大井川御幸には9題9首の歌と序文を献じ、913年には「亭子院歌合(ていじいんのうたあわせ)」に出詠する。この間、藤原兼輔(かねすけ)・定方(さだかた)の恩顧を受け、歌人としての地歩を固めている。土佐守在任中には『新撰和歌』を撰したが、醍醐天皇すでに崩じ、帰京後序を付して手元にとどめた。『土佐日記』は土佐からの帰京の旅から生まれた作品である。以後はもっぱら藤原権門の下命によって屏風歌の詠作に従って晩年に至る。
 貫之の最大の功績は、『古今集』撰進を通じて国風文化の推進・確立を果たしたことである。漢詩文、『万葉集』の双方に深く通じて、伝統的な和歌を自覚的な言語芸術として定立し、公的な文芸である漢詩と対等な地位に押し上げた。『古今集』の仮名序では「心」と「詞(ことば)」という二面から和歌を説明し、初めて理論的な考察の対象とすることになった。和歌の理想を「心詞相兼」とすることは、後年の『新撰和歌』でいっそう確かなものになっている。もっとも、彼自身の歌は理知が勝って、情趣的な味わいに欠ける傾向がある。さらに注目すべきは、『土佐日記』により初めて仮名散文による文芸の可能性を示してみせたことである。[菊地靖彦]
 桜花散りぬる風のなごりには水なき空に波ぞ立ちける
『萩谷朴校註『日本古典全書 新訂土佐日記――紀貫之全集』(1969・朝日新聞社) ▽大岡信著『日本詩人選7 紀貫之』(1971・筑摩書房) ▽村瀬敏夫著『紀貫之伝の研究』(1981・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐の‐つらゆき【紀貫之】
平安前期の歌人、歌学者。三十六歌仙の一人。加賀介、土佐守などを歴任、木工権頭(もくのごんのかみ)に至る。醍醐天皇の勅命で「古今和歌集」撰進の中心となり、仮名序を執筆。歌風は理知的で技巧にすぐれ、心と詞の調和、花実兼備を説いて古今調をつくりだした。漢詩文の素養が深く、「土左日記」は仮名文日記文学の先駆とされる。著はほかに撰集「新撰和歌集」、家集「貫之集」など。天慶八年(九四五)没か。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀貫之」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀貫之の関連情報

関連キーワード

トゥールーン朝トゥールーン朝アフマド・ブン・トゥールーン円珍王貞治トゥルーン朝ランタン大字ブログ地域ブランド

他サービスで検索

「紀貫之」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.