Rakuten infoseek

辞書

紀上太郎【きの じょうたろう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

紀上太郎 きの-じょうたろう
1747-1799 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)作者,狂歌師。
延享4年1月8日生まれ。大坂豪商三井南家第4代。幕府の為替用達(かわせようたし)をつとめる。狂歌栗柯亭木端(りっかてい-ぼくたん)にまなび,狂名は仙果亭嘉栗人形浄瑠璃の後援者として知られ,江戸在住中「糸桜本町育(いとざくらほんちょうそだち)」「碁太平記白石噺(ごたいへいきしろいしばなし)」などの作品をかく。50歳のとき三井家内紛の罪をかぶり,江戸重追放となった。寛政11年4月23日死去。53歳。名は高業(たかなり)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きのじょうたろう【紀上太郎】
1747‐99(延享4‐寛政11)
浄瑠璃作者,狂歌師。大坂の三井南家の嫡子で,本名三井治郎右衛門。狂歌では仙果亭嘉栗(かりつ)と号する。紀海音に師事し,幕府の為替御用を務めていた江戸在住中に浄瑠璃を執筆した。作品には1776年(安永5)8月《志賀敵討》,77年3月《糸桜本町育》,80年1月の《碁太平記白石噺(ごたいへいきしろいしばなし)》(いずれも江戸外記座上演)などがある。福内鬼外(ふくうちきがい)(平賀源内)に浄瑠璃《神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)》ほかを書かせるなど,著作以外の面での浄瑠璃界への貢献が大きい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

紀上太郎 (きのじょうたろう)
生年月日:1747年1月8日
江戸時代中期の豪商;浄瑠璃作者;狂歌師
1799年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐の‐じょうたろう【紀上太郎】
江戸中期の浄瑠璃作者、狂歌師。本名三井高業(たかなり)。通称次郎右衛門。号和春、仙果亭嘉栗(かりつ)。大坂の三井南家を継ぎ、のち隠居。江戸の外記座の作者として活躍し、狂歌にもすぐれた。作品に「志賀の敵討」「碁太平記白石噺」(合作)など。延享四~寛政一一年(一七四七‐九九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀上太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

紀上太郎の関連情報

関連キーワード

アフマド・シャー・ドゥッラーニーブラウンブラウンブラウン(Charles Brockden Brown)ヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.