Rakuten infoseek

辞書

系譜【けいふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

系譜
けいふ
genealogy
親子関係の連鎖さし,またはそれを記録した文書をいう。通常は,父子関係あるいは母子関係のいずれかを単系的にたどるのが特徴であり,その世代深度の深さとか,特定の人物との関係を誇示したりすることに用いられている。特定の祖先を共有する出自集団にも,系譜関係の明確なリニージと,系譜関係が明確でなくただ信じられているだけの氏族区分がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けい‐ふ【系譜】
先祖から子孫に至る一族代々のつながり。師弟関係などのつながり。また、それを書き表した図や記録。系図。
同じような要素性質を受け継いでいる事物のつながり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいふ【系譜】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいふ【系譜】
血縁関係を順次記した図・記録。系図。譜系。 -をたどる
芸術・学問などで、師弟関係など、影響を受けてきたつながり。 自然主義文学の-に連なる作家

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

系譜
個人,氏族,家族,集団などの続き,継承の関係を書き表したもの.系図ともいう.個人,氏族,家系の系譜は,血縁関係始祖から歴代にわたって書き表したもので,氏系図家系図家譜などともいわれる.集団については,教会寺院司祭別当,住持などの継承関係を示したものや,武芸学問,芸術の秘伝などの継承関係を示したものがある.また,宝物や特定の土地,荘園などの相続関係を記したものもある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐ふ【系譜】
〘名〙
① 血縁などのつながりを示す記録や表。家譜。系図。
※三代実録‐元慶五年(881)六月九日「父大臣弃不子、削除系譜」 〔宋史‐芸文志〕
② もののつながり。系統。
※無抵抗主義者(1950)〈林達夫〉「あれがつまり無抵抗主義者の系譜ではないか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

系譜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

系譜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.