Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

系列【けいれつ】

デジタル大辞泉

けい‐れつ【系列】
系統立って並んでいる一連の物事。また、その配列。「歴史小説の系列に属する作品」
生産・販売・資本などによる企業間の結合関係。特に、継続的な取引関係を確保するための企業間の結びつき。「大企業の系列に組み込まれる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

系列
岩石系列(rock series)と同じである.自然の順序で配列することが可能な,一般的な特性をもつ岩石群.岩石学的にはある系列の岩石は,単一地域に産出し,一つの明瞭な火成活動の時代に属するものである.これらは化学組成,鉱物,組織などの類似性を持っている[Broegger : 1894, Tomkeieff : 1937].アソシエーションを考えた場合に,実際には同じ地域であっても成因的な関係は分かりにくいので,同じアソシエーションに属する岩石群の化学分析値の中で何かのパラメーターをとり,同じ線の近くか特定の範囲に入る岩石群を系列と呼んでいる[都城,久城 : 1975].1961年にこの語は層位学的な使用に限定すべきであることが薦められた[American Committee of Stratigraphical Nomenclature : 1961].アソシエーションや系列などはいずれも成因的に関係のありそうな岩石群を一括しようとする試みであるが,あいまいで混乱しているように見える.実際には成因的な関係の有無を決めることが難しいので,逆に適当な岩石群の中に化学組成などが同じような傾が見られる場合に,それらが成因的に関係があると決めることが多い[鈴木 : 1994].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

系列
企業間取引を安定的に継続するために形成される、固定的なつながりのこと。通常、大企業が中小企業系列化支配下におく場合が多い。 完成品メーカー部品メーカーのように、生産工程での取引関係が定着しているのが生産系列(下請け系列)。 メーカーと販売店あるいは小売店の関係が定着しているのが販売系列(流通系列)。 その他資本のつながりを持つのが資本系列、金融面でのつながりを持つのが金融系列といわれる。 系列化の排他的な側面については批判も多い。特に販売系列については、健全な競争が阻まれることがないよう、独占禁止法によって規制されている。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐れつ【系列】
〘名〙
① 系統立てられた物事や数の配列。また、(組織的な)つながりのある物事の集まり。
※私の批評家的生ひ立ち(1939)〈河上徹太郎〉「ともかくその系列の一端に連り得たといふ悦び」
② 企業の結合形態の一つ。生産、販売、資本、技術、重役派遣などによる大企業相互間、あるいは大企業と中小企業との間にみられる企業の結合。
※われら戦友たち(1973)〈柴田翔〉二「うちの工場がO製紙の系列に入っていたことは、祐子も知っているだろう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

系列」の用語解説はコトバンクが提供しています。

系列の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.